F1ニュース

投稿日: 2015.03.02 00:00
更新日: 2018.02.17 06:20

「ホンダは短期間でいい仕事をした」うれしい驚き示すマグヌッセン


 最後のバルセロナテスト3日目にマクラーレン・ホンダMP4-30を初めてドライブしたケビン・マグヌッセンが、ホンダのパワーユニットに「嬉しい驚き」を感じたと語った。

 クラッシュの影響で今回のテストを欠席したフェルナンド・アロンソに代わり、2月28日、テスト&リザーブドライバーのマグヌッセンがステアリングを握った。

 2014年にレースドライバーを務めたマグヌッセンは、MP4-30に乗ってみて昨年型の弱点が解決していると感じたとして、「非常に一貫していて、予測しやすく、スムーズで、乗りやすいマシン」であり「いずれいいマシンになる」との感想を述べている。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

ENEOS GIRLS
今井みどり(いまいみどり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング