F1ニュース

2016.02.05

「未来の王者を探す」新プログラムをルノーが始動


     ルノーは新生F1チームの体制発表とともに、新しいドライバー育成プログラム「ルノー・スポール・アカデミー」の設立を発表した。

     この新しい試みの筆頭として、2015年フォーミュラ・ルノー3.5のチャンピオンであるオリバー・ローランドが選ばれ、2016年はMPモータースポーツからGP2に参戦する。

     23歳のローランドは昨年レーシング・ステップス財団のサポートを受けてフォーミュラ・ルノー3.5で王座に輝き、GP2にもスポット参戦。スパ・フランコルシャンの予選ではフロントロウを獲得した。

    「オランダのMPモータースポーツのメンバーとは2013年のユーロカップ・フォーミュラ・ルノーで一緒に戦った。そこで築いた強い信頼関係は今年のGP2でも役立つと思う。2016年はパドックに強い印象を与えられるような位置からスタートしたい」と、ローランドは意気込みを語っている。

     ローランドは2015年シルバーストンでMPモータースポーツからGP2にデビュー。終盤のバーレーンとアブダビはステータス・グランプリから出走し、シーズン終了後はARTやプレマ・レーシングとも接触していた。ローランドは昨年、英国オートスポーツの取材に答えて「GP2に挑戦するには、F1チームとのつながりが重要」と語っており、ルノーの支援を得られたことを喜んでいる。

    「これまで多くのドライバーが、ルノーのアカデミーでチャンスをつかんだ。今度は僕が、それを得るつもりでいる」


    F1 News Ranking

    本日のレースクイーン

    ケースペックグループ/2019TAS
    新井彩香(あらいあやか)

    F1 Photo Ranking

    フォトランキング