F1ニュース

投稿日: 2014.04.23 00:00
更新日: 2018.02.16 23:21

【決勝無線】中国GP交信一覧


 中国GPの決勝で交わされた無線記録。国際映像で放送された音声をもとにお届けします。今回は燃費とともに、タイヤの摩耗が厳しいマシンが多く、タイヤのグレイニングについての交信が多くを占めました。

●Lap 0
セルジオ・ペレス←(エンジニアから)「左後方のマグヌッセンだけがプライムタイヤでスタートだ」
ニコ・ロズベルグ→(ドライバーから)「(フォーメーションラップ)は良いスタートじゃなかったよ」

●L1
フェリペ・マッサ→「彼(フェルナンド・アロンソ)が僕のクルマにヒットしてきた!」

●L2
ケビン・マグヌッセン→「フロントウイングにダメージがあるみたいだ」

●L7
ニコ・ロズベルグ←「ニコ、我々はテレメトリーを受信できていない。レース中に回復することはない。だから君から燃料の数値を知らせてもらわなければならない」

フェリペ・マッサ→「左フロントにグレイニングが出てきたよ」

ルイス・ハミルトン→「タイヤはすごく良さそうだよ。少しだけグレイニングは出てるけど全然問題ないよ」

●L8
セバスチャン・ベッテル→「フロントタイヤにグレイニングが出ているのが見えるよ」

●L11
ニコ・ロズベルグ→「フロントウイングに問題がないかチェックしてほしい」
←「おそらくフロントウイングにタイヤカスが付着している」

●L12
ダニエル・リカルド←「ダニエル、あと2~3周走り続けようと思う」
→「了解」

●L15
ルイス・ハミルトン←「リカルドがまだピットインしていない唯一のクルマだ」
セバスチャン・ベッテル→「ストレートが遅すぎだよ、フェルナンドを抜けない。(抜くのを諦めて)バックオフした方が良い?」
←「いや、バックオフしたら状況はもっと悪くなるぞ」

ルイス・ハミルトン→「驚いたことにフロントタイヤはまだすごく良いよ。リヤもね」