旧記事ニュース

2014.07.21

インディ・トロント:レース2はコンウェイが勝利


 ダブルヘッダーで開催されているベライゾン・インディカー・シリーズのトロント戦。第14戦となるレース2が20日午後に行われ、マイク・コンウェイ(エド・カーペンター・レーシング)が今季2勝目を飾った。佐藤琢磨(AJフォイト)は、後方から追い上げ今季最上位フィニッシュとなる5位でレースを終えた。

 レース1が日曜に延期されたため、スターティンググリッドはレース1終了時点のエントラント・ポイントで決定。ポールポジションはポイントリーダーのエリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)のものとなり、ポイント2位のウィル・パワー(チーム・ペンスキー)がフロントロー外側グリッドからスタートした。

 レース1で圧勝したセバスチャン・ブルデー(KVSH)は10番手スタート、昨年のトロントでダブルヘッダーの2戦ともを制したスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)は7番手スタートだった。

 レース2はスタンディングスタートで、PPからカストロネベスがトップをキープ。「ブルデーのようにレースをリードし続けて勝ちたい」といっていた彼は、ドライからウエットに路面が変わっても安定した速さを保ち、言葉通りの優勝を手にするかと見えていた。
 3番手スタートだった、つまりはポイントスタンディングも3番手のサイモン・ペジナウ(シュミット・ピーターソン)はスタート後6周で電気系トラブルでスローダウンし、優勝戦線から脱落した。

 10周目過ぎから小雨が降り出し、3番手を走っていたファン・パブロ・モントーヤ(チーム・ペンスキー)がターン8のタイヤバリアに突っ込んだ。彼のマシンを避けようとしてトロントが地元のジェイムズ・ヒンチクリフ(アンドレッティ・オートスポート)がクラッシュし、ミカイル・アレシン(シュミット・ピーターソン・モータースポーツ)はモントーヤのマシンの下に潜り込むクラッシュを起こした。

 カストロネベスのトップは安泰と映っていた。しかし、レースが終盤に入ってからの42周目、パワーがチームメイトのパスついにに成功した。ターン3へのアプローチで2台は接触したが、どちらもスピンに陥ることはなく、パワーが前に出ることに成功した。

 ポイントスタンディング2番手のパワーとしては、何としても勝ちたいレースだった。しかし、この後にまだドラマチックな展開が待っていた。


旧記事 News Ranking

    本日のレースクイーン

    尾林ファクトリー/2019TAS
    増田みずき(ますだみずき)

    旧記事 Photo Ranking

    フォトランキング