F1ニュース

投稿日: 2011.10.27 00:00
更新日: 2018.02.16 05:40

インドGP、DRSゾーンは2カ所


     FIAは今週末のインドGPにおけるDRSゾーンを発表した。ブッダ・インターナショナル・サーキットでは、DRSゾーンが2カ所設置される。

     ひとつめは、ディテクションポイントがターン15の10m先、アクティベーションポイントがターン16の36m先に設置され、1コーナーまでの短いストレートでドライバーはDRSを作動させることができる。

     ふたつめは、ディテクションポイントがターン3の16m前、アクティベーションポイントは、ロングストレートの中ほど、ターン3の510m先に設置される。


    本日のレースクイーン

    PACIFIC JLOC エンジェル
    星香(せいか)

    F1 Photo Ranking

    フォトランキング