F1ニュース

2016.01.19

ザウバーの訴訟問題続く。ドライバー契約不履行で


     エイドリアン・スーティルが、サラリー未払いと契約不履行の件でザウバーに対する訴訟を進めており、スイス チューリッヒの最高裁判所が彼の主張を支持して審理継続を認めたことが分かった。

     2015年、ザウバーはマーカス・エリクソンとフェリペ・ナッセをレースドライバーとして起用した。しかし2014年のレギュラー、スーティルとリザーブドライバーだったギド・バン・デル・ガルデとの間にも契約が存在したため、チームに対する訴訟問題が持ち上がった。開幕戦直前に提訴したバン・デル・ガルデは、後にチームとの間で示談が成立したが、スーティルは昨年序盤に訴訟を起こし、今も手続きを進めているとMotorsport.comが伝えた。

     スーティルは2014年分のサラリー未払いと2015年の契約不履行に関してチームを訴えている。未払いの金額は350万ドル(約4億1,000万円)を超えるということだ。

     ザウバーは、スーティルが優れたパフォーマンスを見せず、チームを批判する発言を行ったと主張、また彼はスポンサーマネーとして4,000万ドル(約47億円)を持ち込むという約束を果たさなかったと述べている。しかしスーティル側はこれを否定しており、最高裁の判事もスーティルの主張を認め、訴訟の継続を許可したということだ。

     スーティルはザウバーのシートを失った昨年は、ウイリアムズのリザーブドライバーを務めた。


    F1 News Ranking

    本日のレースクイーン

    2019 リアライズガールズ
    小泉奈央(こいずみなお)

    F1 Photo Ranking

    フォトランキング