レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1ニュース

投稿日: 2013.09.18 00:00
更新日: 2018.02.16 18:38

フォーミュラE、全天候型の18インチタイヤを採用


     2014年からスタートするフォーミュラEは、18インチのホイールと全天候型のタイヤを採用する初のチャンピオンシップシリーズとなる。

     電気エネルギーのみを利用するEVフォーミュラカーの新シリーズ「フォーミュラE」は、2014年からロンドンなどを舞台に全10戦がストリートコースで開催されることになっている。

     今月10日、フォーミュラEのニューマシン『スパーク・ルノーSRT_01E』がフランクフルト・モーターショーにおいて発表されたが、ここでお披露目されたマシンには、ひときわ目立つ18インチのホイールと、ドライ&ウエットの両コンディションに対応する特殊なトレッドパターンを採用したミシュランタイヤが装着されていた。
     このタイヤは、例外的なウエットコンディションを除き、タイヤ交換を必要としない。

    「ミシュランは、シングルシーター・レーシングカーにおける初の優れた新世代18インチレース用タイヤを披露するために、このフランクフルト・ショーを選んだ」と、ミシュランのモータースポーツ責任者パスカル・クアノンは語っている。
    「(タイヤは)エネルギー効率が良く、かつロードタイヤにより近くなるよう、その両方を目指してデザインした」

     また、フォーミュラEホールディングスのCEO、アレハンドロ・アガグは、レースウイークに供給されるタイヤが各チーム3セットになると認めた。これにより、マシンは1台あたり1セット半、6つのタイヤでフリー走行、予選、決勝を走りきることになる。