レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1ニュース

投稿日: 2013.10.05 00:00
更新日: 2018.02.16 19:04

予選Q1結果、ウイリアムズがノックアウト


     2013年F1第14戦韓国GPの公式予選Q1は、ロータスのキミ・ライコネンがトップタイムを記録した。順位結果は以下のとおり。

     韓国GPのスタートグリッドを決める土曜日の予選は現地時間14時にスタート。天候は曇り、気温25度、路面温度は33度を記録した。
     ノックアウト方式で行われる予選最初のQ1は全22台が20分間のタイムアタックを行い、上位16位までがセカンドラウンドのQ2に進出する。

     セッションがスタートすると、上位勢で最初にメルセデス勢がアタックを開始し、まずはニコ・ロズベルグが1分39秒台に入れてトップに立つ。それに続いたのはフェラーリの2台でフェルナンド・アロンソ、フェリペ・マッサが2、3番手につけた。

     しかし、直後にメルセデスのルイス・ハミルトンが1分38秒台をマークし、トップが交代。アロンソもすかさず2番手に上がるが、ここでスーパーソフトを投入してきたザウバーのエステバン・グティエレスがハミルトンとアロンソの間に割って入る。

     一方、本命のレッドブルはセッション終盤にコースインし、マーク・ウエーバーが3番手、セバスチャン・ベッテルも4番手につけた。

     終盤は、レッドブル2台、そしてハミルトンらがミディアムタイヤで走行を続ける中、他のライバル勢はスーパーソフトに履き替え再度アタックすることに。結果トップには、ロータスのライコネンがつけ、ロズベルグが2番手。3番手にはニコ・ヒュルケンベルグが続き、4番手にアロンソがつけた。

     ハミルトンとベッテルは6、7番手、ウエーバーは15番手でQ2進出となった。Q1敗退はウイリアムズ、ケータハム、マルシャの6台となっている。

    F1第14戦韓国GP 公式予選Q1結果
    Pos.No.DriverTeamQ1
    17K.ライコネンロータス1'38''341
    29N.ロズベルグメルセデス1'38''418
    311N.ヒュルケンベルグザウバー1'38''427
    43F.アロンソフェラーリ1'38''520
    519D.リカルドトロロッソ1'38''525
    610L.ハミルトンメルセデス1'38''574
    71S.ベッテルレッドブル1'38''683
    812E.グティエレスザウバー1'38''725
    95J.バトンマクラーレン1'38''882
    104F.マッサフェラーリ1'38''884
    1115A.スーティルFインディア1'38''988
    126S.ペレスマクラーレン1'39''049
    138R.グロージャンロータス1'39''065
    1418J-E.ベルニュトロロッソ1'39''075
    152M.ウエーバーレッドブル1'39''138
    1614P.ディ・レスタFインディア1'39''185
    1717V.ボッタスウイリアムズ1'39''470
    1816P.マルドナドウイリアムズ1'39''987
    1920C.ピックケータハム1'40''864
    2021G.バン・デル・ガルデケータハム1'40''871
    2122J.ビアンキマルシャ1'41''169
    2223M.チルトンマルシャ1'41''322