国内レース他ニュース

投稿日: 2013.04.13 00:00
更新日: 2018.02.16 15:25

全日本F3鈴鹿:中山雄一がダブルポールを獲得


 スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿のフリー走行に続いて行われた全日本F3第1戦・第2戦の公式予選。いよいよ今シーズンの開幕を告げる予選となるが、この予選セッションから3年目のF3でチャンピオン獲得を目指す中山雄一(PETRONAS TOM'S F312)が、前日の専有走行からの勢いをそのままにダブルポールを獲得することとなった。

 快晴の下行われた第1戦の予選では、セッション途中にDRAGON(B-MAX・F306)がコースアウトしたため、車両回収のために赤旗提示。一時セッション中断となる。しかし、その後は大きなアクシデントもなくセッションが推移し、中山が第1戦のポールを獲得。勝田貴元(PETRONAS TOM'S F312)が2番手につけた。3番手には清原章太(HFDP RACING F312)が3番手となっている。

 続く第2戦でも、まだ誰もタイムを出していない状況だったがナレイン・インドラ-パユーング(PTT SPIRIT F307)がスプーン進入でストップ。再度走り出すことができたものの、一時コース上で停止したため、赤旗が提示された。

 その後セッションが再開されるも、中山の速さは揺るがず。勝田を従え第2戦でもポールを獲得し、PETRONAS TOM'S勢が再びワンツーを占めた。3番手には昨年のFCJ王者である松下信治(HFDP RACING F312)がつけている。

全日本F3第1戦鈴鹿 予選結果
天候:晴れ 路面:ドライ
Pos.ClassNo.DriverCarTypeTime
136中山雄一PETRONAS TOM'S F312ダラーラF312/TAZ-311'52"032
237勝田貴元PETRONAS TOM'S F312ダラーラF312/TAZ-311'52"179
38清原章太HFDP RACING F312ダラーラF312/MF204D1'52"702
450千代勝正B-MAX・F312ダラーラF312/TR-F3011'52"786
57松下信治HFDP RACING F312ダラーラF312/MF204D1'53"141
6N23高星明誠S Road NDDP F3ダラーラF306/3S-GE1'55"480
7N6小泉洋史Net Move Hanashima RacingダラーラF306/3S-GE1'56"114
8N38N.インドラ・パユーングPTT SPIRIT F307ダラーラF306/3S-GE1'56"339
9N11湯澤翔平Nova with IMM F306ダラーラF306/3S-GE1'57"067
1013吉田基良B-MAX・F312ダラーラF312/TR-F3011'57"633
11N30DRAGONB-MAX・F306ダラーラF306/3S-GE2'02"460
122野尻智紀TODA FIGHTEXダラーラF312/TR-F3012'02"942

関連のニュース

本日のレースクイーン

2020リアライズガールズ
霧島聖子(きりしませいこ)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング