国内レース他ニュース

2013.04.14

全日本F3:第2戦は中山が前日の雪辱を果たす


 全日本F3選手権第2戦は14日、鈴鹿サーキットで17周の決勝レースが行われ、ポールポジションからスタートした中山雄一(PETRONAS TOM'S F312)がそのまま優勝。前日のリベンジを果たした。

 前日の第1戦に続き、PETRONAS TOM'S勢がフロントロウからスタートする第2戦。迎えたスタートでは、第1戦で勝田貴元(PETRONAS TOM'S F312)の先行を許した中山雄一(PETRONAS TOM'S F312)が前日の失敗を繰り返さずトップをキープ。2番手に勝田が続く一方で、3番手スタートの松下信治(HFDP RACING F312)が遅れ、千代勝正(B-MAX・F312)が3番手につける。

 上位陣は中盤、僅差ながら互いに決め手を欠き等間隔での走行となったが、終盤、2番手の勝田の背後に3番手の千代が迫る。ファイナルラップが近づくにつれ、千代は勝田に揺さぶりをかけるが、前日初優勝を遂げた勝田は動じず千代の攻略を退ける。

 その前方でトップを守り続けた中山は、17周で一度もトップを譲らず今季初優勝! 2位は勝田、3位は千代となり、4位には清原章太(HFDP RACING F312)、5位に松下という順位でチェッカーを受けた。

 Nクラスは、高星明誠(S Road NDDP F3)がスタートからトップを守り、小泉洋史(Net Move Hanashima Racing)、ナニン・インドラ-パユーング(PTT SPIRIT F307)が続くことに。しかし、3周目にインドラ-パユーングが小泉をかわし、2番手に浮上する。

 トップを守り続けた高星は、そのまま優勝を飾り開幕2連勝。2位はインドラ-パユーングが入り、2戦連続の2位に。3位は小泉という結果となった。

全日本F3選手権第2戦 決勝結果
天候:晴れ 路面:ドライ
Pos.ClassNo.DriverCarTypeLapsGridQualify
136中山雄一PETRONAS TOM'S F312ダラーラF312/TAZ-311711'52"243
237勝田貴元PETRONAS TOM'S F312ダラーラF312/TAZ-311721'53"194
350千代勝正B-MAX・F312ダラーラF312/TR-F3011741'53"471
48清原章太HFDP RACING F312ダラーラF312/MF204D1751'53"543
57松下信治HFDP RACING F312ダラーラF312/MF204D1731'53"308
62野尻智紀TODA FIGHTEXダラーラF312/TR-F30117122'17"604
7N23高星明誠S Road NDDP F3ダラーラF306/3S-GE1761'55"329
8N38N.インドラ・パユーングPTT SPIRIT F307ダラーラF306/3S-GE1781'56"366
9N6小泉洋史Net Move Hanashima RacingダラーラF306/3S-GE1771'56"276
10N11湯澤翔平Nova with IMM F306ダラーラF306/3S-GE1791'57"471
11N30DRAGONB-MAX・F306ダラーラF306/3S-GE17111'58"342
1213吉田基良B-MAX・F312ダラーラF312/TR-F30116101'58"035
ファステストラップ:中山雄一(PETRONAS TOM'S F312) 1'53"226

国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

2019 リアライズガールズ
小泉奈央(こいずみなお)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング