国内レース他ニュース

投稿日: 2013.05.11 00:00
更新日: 2018.02.16 15:58

全日本F3:第3戦は中山が前戦に続く2連勝


 全日本F3選手権の第3戦は、11日にツインリンクもてぎで14周の決勝レースが行われ、ポールポジションからスタートした中山雄一(PETRONAS TOM'S F312)が優勝した。

 全日本F3選手権の今シーズン第2ラウンドが、ツインリンクもてぎを舞台に始まった。今回は、11日に第3、4戦の予選と第3戦の決勝レースが開催され、翌12日に第4、5戦の決勝レースが行われる。

 この週末は天候の悪化が告げられていたが、午前中に行われた予選はなんとかドライコンディションのもと展開した。
 3、4戦ともにポールポジションを獲得したのは、トムスの中山雄一。1回目に1分44秒400をマークしてコースレコードを更新すると、2回目には1分44秒078までタイムを伸ばした。2番手には、2戦ともにチームメイトの勝田貴元(PETRONAS TOM'S F312)が続き、1回目はコンマ05秒と僅差だったものの、2回目にはコンマ4秒ほど引き離された。
 F3-Nクラスでは、高星明誠(S Road NDDP F3)が、やはり2戦ともトップタイムをマークしている。

全日本F3第3戦もてぎ 決勝結果
天候:雨 路面:ウエット
Pos.ClassNo.DriverCarTypeLapsGridQualify
136中山雄一PETRONAS TOM'S F312ダラーラF312/TAZ-311411'44''400
237勝田貴元PETRONAS TOM'S F312ダラーラF312/TAZ-311421'44''450
32野尻智紀TODA FIGHTEXダラーラF312/TR-F3011431'44''531
450千代勝正B-MAX・F312ダラーラF312/TR-F3011451'45''138
57松下信治HFDP RACING F312ダラーラF312/MF204D1441'44''653
68清原章太HFDP RACING F312ダラーラF312/MF204D1461'45''636
7N23高星明誠S Road NDDP F3ダラーラF306/3S-GE1471'47''583
8N38N.インドラ・パユーングPTT SPIRIT F307ダラーラF306/3S-GE1491'48''371
9N19武平良介KCMG F308ダラーラF308/3S-GE14101'48''412
10N6小泉洋史Net Move Hanashima RacingダラーラF306/3S-GE1481'48''227
11N11湯澤翔平Nova with IMM F306ダラーラF306/3S-GE14121'49''440
12N30DRAGONB-MAX・F306ダラーラF306/3S-GE14131'49''496
R13吉田基良B-MAX・F312ダラーラF312/TR-F3012111'48''896
ファステストラップ:中山雄一(PETRONAS TOM'S F312) 1'58''470

本日のレースクイーン

麻布チェリーズ
藤森マリナ(ふじもりまりな)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング