F1ニュース

投稿日: 2012.03.17 00:00
更新日: 2018.02.16 07:55

可夢偉が予選Q1トップ。ライコネンはまさかの脱落


 2012年F1開幕戦オーストラリアGPは現地時間17日(土)17時からメルボルンのアルバートパーク・サーキットで今季初の公式予選が行われ、ファーストラウンドのQ1はザウバーの小林可夢偉がトップタイムを記録した。

 ドライコンデションで行われたQ1は20分。ケータハム、HRT、マルシャらが序盤からソフトタイヤを投入するなか、上位勢はミディアムタイヤでまずタイムを計測。タイムシートはニコ・ロズベルグがトップ、2番手ルイス・ハミルトン、3番手ジェンソン・バトンとなる。

 セッション終盤、4番手につける小林可夢偉のほか、セバスチャン・ベッテルらも2度目のアタックに向かい、ソフトタイヤで最後のアタックをかける。ここで可夢偉が1分26秒182というトップタイムをマーク。2番手にトロロッソのジャン−エリック・ベルニュがつけた。

 3、4番手はミディアムタイヤのロメイン・グロージャンとミハエル・シューマッハー。可夢偉のチームメイト、セルジオ・ペレスが5番手につけた。フェラーリのフェルナンド・アロンソが6番手、レッドブルのベッテルは8番手、マクラーレンはルイス・ハミルトンが9番手、ジェンソン・バトンは11番手となった。

 一方、Q1突破をかけた争いでは、フェリペ・マッサとキミ・ライコネンが最後まで苦戦。マッサはなんとか17番手に滑り込んだものの、ライコネンはアタックラップでダートにはみ出るミスを冒し、18番手でQ1脱落。ケータハム、HRT、マルシャの6台とともに予選を終える結果となった。

■F1オーストラリアGP 公式予選のタイム結果はこちら

■F1オーストラリアGP 公式予選Q3のタイム結果&レポートはこちら

■F1オーストラリアGP 公式予選Q2のタイム結果&レポートはこちら

F1第1戦オーストラリアGP 公式予選Q1
PosNoドライバーチームタイム
114小林可夢偉ザウバー1'26''182
217J-E.ベルニュトロロッソ1'26''493
310R.グロージャンロータス1'26''498
47M.シューマッハーメルセデス1'26''586
515S.ペレスザウバー1'26''596
65F.アロンソフェラーリ1'26''688
78N.ロズベルグメルセデス1'26''763
81S.ベッテルレッドブル1'26''773
94L.ハミルトンマクラーレン1'26''800
1018P.マルドナドウイリアムズ1'26''803
113J.バトンマクラーレン1'26''832
1219B.セナウイリアムズ1'27''004
1316D.リカルドトロロッソ1'27''024
142M.ウエーバーレッドブル1'27''117
1512N.ヒュルケンベルグFインディア1'27''464
1611P.ディ・レスタFインディア1'27''469
176F.マッサフェラーリ1'27''633
189K.ライコネンロータス1'27''758
1920H.コバライネンケータハム1'28''679
2021V.ペトロフケータハム1'29''018
2124T.グロックマルシャ1'30''923
2225C.ピックマルシャ1'31''670
2322N.カーティケヤンHRT1'33''495
2423P.デ・ラ・ロサHRT1'33''643

本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
岩波彩華(いわなみさやか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング