F1ニュース

2016.02.22

Fインディア新車VJM09を発表、穴あきノーズを継続


 フォース・インディアは2月22日、バルセロナにて2016年のニューマシンVJM09を発表した。

 同日にスタートするテスト初日は、開発ドライバーのアルフォンソ・セリスが新車のシェイクダウンを担当。2日目はレギュラーのセルジオ・ペレスが引き継ぎ、3日目からニコ・ヒュルケンベルグが走る予定となっている。

 フォース・インディアは2015年イギリスGPで、実質的なニューマシンと言える「Bスペック」を投入。それまでは2014年シャシーの改良型で戦っていたが、チームの歴史上ベストリザルトのコンストラクターズランキング5位を成し遂げた。

 今季は大幅な技術規定の変更はないため、VJM09は「レボリューションよりエボリューション」というコンセプトのもと、2015年のVJM08・Bスペックの進化型になっているという。


関連のニュース

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

2019RAYBRIGレースクイーン
沢すみれ(さわすみれ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング