スーパーGTニュース

2016.03.16

GT300に挑む山田真之亮「勉強しつつ、楽しみつつ」


 2016年のスーパーGT開幕まであとわずか。GT300クラスでも陣容がかなり固まってきたが、そのなかでも楽しみな存在が、昨年からスタートしたFIA-F4シリーズからステップアップしたドライバー、山田真之亮だ。

「サッカーでも野球でも、注目の若手が出たらガンガン取り上げられるじゃないですか。山田も取り上げてくださいよ」

 3月10日〜11日に、鈴鹿サーキットで行われたスーパーGTメーカーテストのセッション終了直後、TEAM UPGARAGE BANDOHのピットに行くと、坂東正敬総監督が声をかけてきた。「そのつもりでこのピットに来たんですよ」と答えると、坂東総監督はニヤリとしながら、チームメイトとなる中山友貴と話していた山田を「取材だよ」と呼び出した。

「……僕ですか!?」

 少々驚きながら立ち上がった、スラリとした青年が山田真之亮。1992年岡山県生まれで、フォーミュラチャレンジ・ジャパンやスーパーFJに参戦。2013年にはFJ日本一決定戦で河野駿佑を破り優勝。2015年は、初年度だったFIA-F4にB-MAX Racing Teamから参戦し、オートポリスでの1勝を含むランキング4位を獲得した。

 そんな山田は2016年、FIA-F4“卒業生”としてただひとりスーパーGTにステップアップする。これまで山田はスーパー耐久にスポット参戦したことはあったが、フォーミュラでの活躍がメイン。すでに2月18日からの岡山テスト、そして鈴鹿と、二度UPGARAGE BANDOH 86をドライブしたが、初めてのJAF-GTマシンはどんな印象だったのだろうか。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

2018D’stationフレッシュエンジェルズ/2018SGT
霧島聖子(きりしませいこ)

Photo Ranking

フォトランキング