F1ニュース

投稿日: 2012.03.08 00:00
更新日: 2018.02.16 07:46

PURE社、TMGの施設でF1エンジンを開発


     クレイグ・ポロック率いるPURE社がトヨタ・モータースポーツと契約を結び、ケルンの施設にエンジン開発の拠点を移すことが決まった。PUREは2014年からエンジンメーカーとしてF1に参戦する予定となっている。

    「TMGと独占契約を結んだ」とポロックは認めている。
    「サインをしたのはかなり前だ。トヨタは今、テストベンチやアセンブリーユニットとつながる本部ビルの準備をしている」
    「つまり、今製造しているパーツを本部ビルに送ってトヨタの施設でプロトタイプを作ることが基本的に可能だ」

     ポロックは移転は合理的な決断だったと述べた。
    「自社の施設とテストベンチの建設を考えることもできたが、費用と時間の問題があった」
    「一番の問題は時間だった。これぐらい大きなスケールの施設とテストベンチを作るとなれば、それを稼働し、調整できるまでに最低でも1年半はかかるだろう」
    「トヨタはF1エンジンに関して世界一のテストベンチを有している。最新の設備があり、これは私にとって論理的な選択だった。7月末にはベンチテストができるよう準備をしなければならないからだ」

     PURE社の運営は今後もフランスで行うということだ。


    関連のニュース

    F1 News Ranking

    本日のレースクイーン

    apr Victoria
    香月わかな(かづきわかな)

    F1 Photo Ranking

    フォトランキング