スーパーGTニュース

投稿日: 2014.10.02 00:00
更新日: 2018.02.17 03:15

SGT第7戦開催の新コース、チームの印象は?


 いよいよ10月4日〜5日に開催されるスーパーGTタイ。開催地のチャーン・インターナショナル・サーキットでは、すでに各チームのピットの設営もほぼ終わり、3日の走行開始を待つばかりとなったが、新設コースのピット内設備はチームにとってどんな印象なのだろうか? 数チームに聞いてみた。

 このチャーン・インターナショナル・サーキットは、サッカースタジアムのニュー・アイモバイル・スタジアムの裏手に建設されたサーキット。建設構想開始からかなり短い期間で建設されたこともあり、FIAによるサーキット査察も通過したばかりだ。

 とは言え、ブリーラム全体の全面的な協力が感じられ、サーキット内はすでに多くの現地スタッフが業務を開始。施設もほぼ完成されており、かなりパッと見た感じの印象は高い。では、実際のスーパーGTチームスタッフの印象はどうだろうか。

「この短期間でこれほどのものを作るのはスゴい」というチームスタッフが多く、またピット内はセパンほど暑くなく快適という声がほとんど(日射しの下に出ると非常に暑いが)。広さとしても十分なようだが、いろいろと問題も散見される。

 まず、ピット数の関係上、2ピットに3台入っているところが多い。2台体制の同チームならばまだチーム内で融通はできるが、9〜10番ピット(SUBARU BRZ R&D SPORT、グリーンテック SLS AMG GT3、PUMA KRH PORSCHEが入る)のように3チームが入るとなると、いろいろと状況は厳しい様子。同じ状況があったセパンでは、ピット内に柱がなかったのだが、こちらは柱がありかなり出入りはしづらい様子だ。


本日のレースクイーン

Arrange Lovely Cats
葵井えりか(あおいえりか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング