旧記事ニュース

2016.02.22

WTCC王者ロペス、今季ライバル勢の躍進を警戒


     2016年の世界ツーリングカー選手権(WTCC)に参戦するホセ-マリア・ロペス(シトロエンC-エリーゼWTCC)は、今季ライバルの戦闘力が大幅に向上していると予想しており、シリーズ3連覇は厳しい戦いになるだろうと語った。

     ロペス擁するシトロエンは過去2年間のWTCCで圧倒的な強さでコンストラクターズタイトルを獲得しているほか、ロペス自身も48レース中20勝の好成績でドライバーズタイトル2連覇を成し遂げている。しかし、シトロエンは今シーズン末でWTCCでのワークス活動を終了。これに伴い、体制も昨年までの4台体制から2台体制に変更されており、ロペスとイバン・ミューラーがチームに留まりシリーズ3連覇へ挑む。

     一方、ライバルはシトロエンを上回るべく戦闘力強化に取り組んでいる。ホンダは3台目のシビックWTCCを投入。ドライバーにはティアゴ・モンテイロに加え、ノルベルト・ミケリス、ラーダから移籍する12年WTCC王者ロバート・ハフを起用し、体制強化に取り組んでいる。ラーダはホンダを離れたガブリエル・タルキーニと契約し、ドライバーラインアップを一新したほか、季からWTCCへフル参戦するボルボは、開発に2年を費やしたボルボS60 ポールスターTC1を2台投入する。


    この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

    旧記事 News Ranking

      本日のレースクイーン

      LEON RACING LADY/2018SGT
      南真琴(みなみまこと)

      Photo Ranking

      フォトランキング