ラリー/WRCニュース

2017.06.12

WRCイタリア:トヨタ、総合2位ラトバラを筆頭に3台揃って完走。マキネン「もっとも力強いラリーのひとつ」


ラリー/WRC | WRCイタリア:トヨタ、総合2位ラトバラを筆頭に3台揃って完走。マキネン「もっとも力強いラリーのひとつ」

 WRC世界ラリー選手権第7戦イタリアは6月11日、SS16~19が行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRT(TGR WRT)のヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合2位表彰台を獲得。エサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC)は総合4位、ユホ・ハンニネン(トヨタ・ヤリスWRC)が総合6位となり、参戦した3台全車が完走した。

 ラリー・イタリア・サルディニアの競技最終日となるデイ4は、サービスパークの置かれたサルディニア島北東部のアルゲーロを中心としたエリアで4本のSSが行われた。

 この日のオープニングステージは8時30分にスタート。総合首位のオット・タナク(フォード・フィエスタWRC)と24.3秒差の総合2番手でSS16を迎えたラトバラは、逆転優勝を目指し全開アタックを敢行。トップとの差を18.8秒に縮めてみせた。

ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)
ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)

 しかし、続くSS17ではコーナーリング中にエンジンがストール。再始動に手間取ったことでタイムを失い、首位との差が25.5秒に広がってしまう。その後、ラトバラは午後のSS18でふたたびギャップを縮め、首位と23.4秒差の2位で最終ステージを迎えた。

 逆転を狙いアタックを続けたラトバラは、最終ステージでもタナクを上回る5番手タイムを記録したものの12.3秒及ばず。総合2位でラリーを終えた。

 パワーステージに指定された最終SS19では、ラッピが今大会6回目となるステージトップタイムをマーク。ステージタイム上位に与えられるボーナスの最大ポイントである5点を獲得するとともに、WRカーでの参戦2戦目で表彰台獲得に迫る総合4位で完走を果たした。

4位となったエサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC)
4位となったエサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC)

 総合5番手でデイ4を迎えたハンニネンは、パワーステアリングのトラブルが発生したことでペースを上げられず総合6位完走となった。

■「2回ミスを犯してしまったことが悔しい」とラトバラ


ラリー/WRC News Ranking

本日のレースクイーン

GORDON/2019TAS
かりん(様)(かりん(さま))

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング