ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2017.11.18 22:51
更新日: 2017.11.19 14:05

ラトバラ「クルマのバランスは完全ではなかったが、いい1日」/WRC第13戦オーストラリア デイ2コメント


ラリー/WRC | ラトバラ「クルマのバランスは完全ではなかったが、いい1日」/WRC第13戦オーストラリア デイ2コメント

 WRC世界ラリー選手権は11月18日、第13戦オーストラリアのSS9〜16が行われ、ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)が総合首位に浮上。20.1秒差の総合2番手にヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)が続いた。

■Mスポーツ

●セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)/デイ2総合6番手

セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)
セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)

「今回は、本当に僕らのラリーではないね。でも、これらすべてのトラブルを1つの週末で対処する方が、シーズンを通して別々に対処するよはましだと思うよ!」

「午後の走行ではいいタイムを出そうと思っていたけどサービス直後に突然、リヤでノイズが聞こえたんだ。いくつかダメージがあって、それでマシンのバランスが変わってしまった」

セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)
セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)

「SS12の最後は、かなり滑りやすくて、高速のダウンヒルコーナーでひどいアンダーステアがあって、土手に衝突してスピンした」

「明日は天候次第で面白いことになるかもしれない。いくつか本当にトリッキーなステージがあるから、ウエットなら、どうなるか分からない。ラリーは終わるまで終わらない。だから、僕らは前進し続けなければならない」

●オット・タナク(フォード・フィエスタWRC)/デイ2総合3番手

「全体的に、昨日よりもはるかにポジティブな1日だったと思う。マシンのフィーリングもずっと良かったから、自信を持てたし、ドライビングも向上させることができた」

「午後は大きくプッシュした。それで、表彰台圏内に戻れてよかったよ。明日はいくつかよりトリッキーなステージがあるから、集中し続ける必要がある。だけど、チームのためにも、もう1度トップ3フィニッシュというリザルトでシーズンを終えたい」 

●エルフィン・エヴァンス(フォード・フィエスタWRC)/デイ2総合8番手

「今回のラリーで苦労することは分かっていたけど、今日はまたタフな1日に直面した。これらのSSを本当にエンジョイしているけど、ただ最大限にアタックして、楽しむためのトラクションがなかっただけだ」

「その代わり、すべてのステージを走りきり、将来のために貴重となるノートを完璧にしてきた」


本日のレースクイーン

スフィアライト
祝田加奈美(いわいだかなみ)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング