ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2018.02.27 18:27

インディカー王者ニューガーデンが氷上レースデビュー。「これまでとは何もかもが違う」


ラリー/WRC | インディカー王者ニューガーデンが氷上レースデビュー。「これまでとは何もかもが違う」

 北米最高峰オープンホイール、インディカーの現役王者であるジョセフ・ニューガーデンが、2月24日に行われた『RallyX on ICE(ラリーX・オン・アイス)』の第3戦ノルウェー・ラウンドで氷上レースデビューを飾り、「アイスバンク体験は超クレイジー」とその初ドライブを満喫した。

 インディカー・シーズン開幕前の“アクティビティ”的な活動の一環として、このラリーX・オン・アイスへのゲスト参戦を果たしたニューガーデンは、ラリークロス界の名門であるオルスバーグMSEが用意したチーム・ペンスキーカラーに彩られたスーパーカー・ライト仕様のフォード・フィエスタのステアリングを握り、初のスノートラック走行を果たした。

 その本戦を前に練習走行を終えたニューガーデンは、その体験を「衝撃的で、とても楽しかった」と表現した。

「とにかく、これまで経験したマシンとは何もかもがまるで違う。このクルマはつねに横を向けてドライブしなくちゃいけないんだ(笑)。だから、ブレーキ、スロットル、またはハンドブレーキのいずれかをつねに操作していなくちゃならない。脳を切り替えるのが難しいし、最大の難関は一貫性を見い出すことだね」と、笑顔のニューガーデン。

「リラックスしてはダメで、とにかくハードにドライブする必要がある。操作をやめるとクルマがすぐにコントロールを失うことが分かった。だからブレーキの最適な使い方、ピッチモーションの起こし方、スロットルの抜き方など、最適な方法を学んでいる最中だ」

「それらはこれまでとまったく異なるテクニックだけど、ひとりのドライバーとしては新しいスキルセットを学び、さらにコンペティティブになる本当にいいチャンスだよ」

 今回、ニューガーデンがステアリングを握ったチーム・ペンスキーカラーのマシンは、開幕から2戦をGRCグローバル・ラリークロス経験者のオースティン・シンドリックがドライブ。次週開催の最終戦では、インディカーでのチームメイトであるエリオ・カストロネベスがシートに座ることが決まっている。

「ブラジル出身のエリオが、このマシンでどんなドライビングを見せるかも楽しみだよね。スノー・サーフェスなんて彼のルーツから大きく外れていると思うからね! こうしたシリーズが北米にもあると本当に最高だ。同時に、もちろんこうしてノルウェーに来るのも楽しみだった。チーム・ペンスキーとしてこの話が出た時、それ以上の説明は必要ないほど即座に『僕が行く』と答えていたよ(笑)」

プラクティスではスノーバンクに捕まりバンパーを失うも、雪と氷の初ドライブを満喫したジョセフ・ニューガーデン
「インディカーのシーズンに入ると、とてもスケジュールが過密だから、この機会が得られて本当にクール」と、ニューガーデン
初参戦ながら、さすがの走りで予選ヒートを通過。セミファイナルで5位に


本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
野田桃加(のだももか)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング