ラリー/WRC ニュース

2018.03.10

世界ラリークロス:グロンホルム率いるGRXがヒュンダイにスイッチ。オルスバーグも復帰


ラリー/WRC | 世界ラリークロス:グロンホルム率いるGRXがヒュンダイにスイッチ。オルスバーグも復帰

 WRC世界ラリー選手権で2度のチャンピオンを獲得したマーカス・グロンホルムが、2018年のWorldRX世界ラリークロス選手権にヒュンダイで参戦することを発表。自らのチームであるGRXのオペレーションで、2台のi20 RXスーパーカーを投入する。

 これまでもWorldRXにチームGRXで参戦してきたグロンホルムは、ドライバーに息子のニクラス・グロンホルムとユーロRX王者経験者のティマー・ティマジャノフを起用。WRCを戦った元WRカーのヒュンダイi20 WRCをベースとした新型マシンで、2018年シーズンのWorldRXにフル参戦を決めた。

 ゆくゆくはヒュンダイ・モータースポーツからのワークス待遇を獲得する予定ではあるものの、デビューイヤーとなる2018年はプライベーター・チームとしてエントリーするGRXは、今回グロンホルムがヒュンダイをチョイスした要因として、現在WRCチームの代表を務めるミシェル・ナンダンとのコネクションを理由に挙げた。

「私がWRCでタイトルを獲得したプジョー・スポール時代に、テクニカルディレクターを務めていたのがミシェルだった。今回のプログラムにi20を使用すると決めたのは、彼との関係性ゆえなんだ」と説明するグロンホルム。

「我々は今もヒュンダイ・モータースポーツと良好な関係を築いているが、他の世界ラリークロス選手権参戦チームのようにマニュファクチャラーのバックアップを得たわけではない。それでも、このマシンをヒュンダイから購入した時点で数多くのインフォメーションを得られているよ」

 チームは今後数週間以内に本格的なテストプログラムを開始する予定で、レギュラードライバーのニクラスとティマジャノフに加え、チーム代表のグロンホルム自身もステアリングを握るつもりだという。

「これまでのところ、RXカーに改良を受けたマシンはとても順調そうに見える」と続けたグロンホルム。

「長らく夢見ているだけだったが、今は今後2週間以内にもテストを始められると自信を持っている。我々はこれまでに前例のない、いくつかのソリューションを試していて、今からトラックで確認するのが待ちきれない気分だ」

「私はティマー(・ティマジャノフ)がリザルトを持ち帰ることができる男であることを知っているし、息子のニクラスもこのオフには膨大な努力を重ねている。ときにはワークスチームを脅かすことも可能だと思っているし、最初のターゲットはセミファイナル進出。そして決勝と表彰台もそう遠い目標ではないと信じている」

ヒュンダイ・モータースポーツ代表、ミシェル・ナンダンとの関係性を活かしてのマシンチョイスと語るマーカス・グロンホルム(中央)
昨季はフォード・フィエスタをドライブしたニクラス・グロンホルムが、引き続きチームに残留
WRカーのヒュンダイi20 WRCをベースに、改良が加えられたRXバージョンを投入する


ラリー/WRC News Ranking

本日のレースクイーン

2019 リアライズガールズ
小泉奈央(こいずみなお)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング