ラリー/WRCニュース

2018.05.16

ERC3連覇の王者カエタノヴィッチ、フィエスタR5で満を持してWRC2昇格へ


 2017年シーズンに歴代新記録となるERCヨーロッパ・ラリー選手権3連覇を飾ったカエタン・カエタノヴィッチが、いよいよWRC世界ラリー選手権に進出。今季後半戦からWRC2へのエントリーを開始する。

 3年連続で最終戦を待たずしてERCタイトルを獲得してきたカエタノヴィッチは、この2018年シーズンに向けWRC2への参戦を目標に活動を続けてきた。しかし、不確実なスポンサー支援の状況を背景に、開幕からのエントリーを逃す形となっていた。

 しかし、その地道な努力が結実する形で、6月のWRC第7戦ラリー・イタリア・サルディニアからWRC2クラスに参戦。ERC時代もともに戦った愛機、Mスポーツ・ポーランドのフォード・フィエスタR5でエントリーする。

「このサルディニアを皮切りに、当面は少なくとも4イベントでWRC2への参加を予定している」と、喜びを語ったカエタノヴィッチ。

「サルディニアが終わった直後に、僕らがどのラリーに参戦すべきかが正確に見えてくると思う。現時点では物事がすごく順調に推移しているので、何かを焦って決断を急いだりしたくないんだ」

 同時にカエタノヴィッチは、今季のステップアップに向け活動予算の確保を進める際、オフを通じて「状況は絶望的だった」ことを明かした。

WRC2昇格に向け、マシンはフォード・フィエスタR5を踏襲。カラーリングは一部更新された
前人未到のERC3連覇を達成したカエタン・カエタノヴィッチだが、WRCへの昇格には困難が立ちふさがった


ラリー/WRC News Ranking

本日のレースクイーン

SYNTIUM CoolTech ANELA/2018SGT
愛川アヤノ(あいかわあやの)

Photo Ranking

フォトランキング