ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2016.09.27 17:41
更新日: 2016.09.27 17:55

JRC第7戦:新井敏弘、得意のRALLY HOKKAIDOで逆転優勝


ラリー/WRC | JRC第7戦:新井敏弘、得意のRALLY HOKKAIDOで逆転優勝

 全日本ラリー選手権(JRC)は23~25日、北海道で第7戦RALLY HOKKAIDO 2016が行われ、新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)が最終日に逆転劇を演じ、今季3勝目を挙げた。

 アジア・パシフィックラリー選手権と併催されるRALLY HOKKAIDOは、シリーズ最長の距離で争われるグラベルイベント。また、獲得できるポイントも通常大会の2倍となるため、チャンピオン争いを踏まえた上でも重要な1戦となる。

 ウエットコンディションのなか、23日(金)に行われたSS1では、奴田原文雄/佐藤忠宜(ミツビシ・ランサーエボリューションX)がトップタイムを記録。2番手に新井と鎌田卓麻/市野諮(スバルWRX STI)が同タイムで続いた。

SS2でコースアウトし、戦線離脱を余儀なくされた勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)
SS2でコースアウトし、戦線離脱を余儀なくされた勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)

 翌24日(土)のデイ1も雨により路面がぬかるむ難しいコンディションでのスタート。オープニングとなったSS2では、ポイントリーダーの勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)がコースアウト。戦線離脱を余儀なくされる波乱の展開となる。

 このデイ1で行われた10SSのうち、奴田原が4SSを制して総合首位をキープ。6.2秒差の総合2番手には「どうも思ったようなタイムが出ない」と語る新井が続き、その24.4秒後方に鎌田が続いた。


本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
友野ゆみ(とものゆみ)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング