ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2020.07.18 09:00
更新日: 2020.07.17 18:49

Projekt E:電動ラリークロス仕様フィエスタが実戦へ。マンフレッド・ストールが初優勝をマーク


ラリー/WRC | Projekt E:電動ラリークロス仕様フィエスタが実戦へ。マンフレッド・ストールが初優勝をマーク

 WorldRX世界ラリークロス選手権の公式サポートシリーズとしてFIAが推進する完全電気自動車カテゴリー『Projekt E(プロジェクトE)』に向け、オーストリアのR&D企業STARDが開発した“REVelution”キット搭載のEVフォード・フィエスタRXスーパーカーが、同社代表を務める元WRC世界ラリー選手権ドライバー、マンフレッド・ストールの手で記念すべき競技イベント初優勝を飾っている。

 WorldRXのプロモーターを務めるIMGと、シリーズ参戦のみならず運営にも深く関与する技術パートナーのSTARD(Stohl Advanced Research and Development)は、2019年WorldRX第9戦ラトビア・リガのイベントでこのEVラリークロスカーを公式にアンベイルし、2020年からの併催クラスとしてEVカテゴリー創設を目指してきた。

 このフルEVラリークロスカーは、現在のラリークロス界でトップカテゴリーとなる“スーパーカー”が搭載する600馬力級の内燃機関に準じたパフォーマンスを標榜し、STARD自身がWorldRXで走らせてきたフィエスタEvo.4のボディとシャシーをベースに“REVelution”と呼ばれる電動パワートレイン・キットを搭載。150kWを発生する3モーター構成で、総合出力は612馬力にも達している。

 開発を担当した彼らが“electRX”と呼ぶこのフルEVフォード・フィエスタRXのデモカーは、これまでにもテストやエキシビジョン・イベント参戦で多くのマイレージを重ねてきたが、来月スウェーデン・ホーリエスでの開幕が予定される2020年WorldRXシーズンを前に、ハンガリー中部の小さな村カクチで開催されたハンガリー国内選手権に同車を持ち込み、最終検証を兼ねて実戦エントリーを果たした。

 その7月中旬のイベントでステアリングを託されたSTARD代表のストールは、WRCの第一線から退いた後もWorldRXを戦い、マックス・プッシャー代表率いるMJP Racing Team Austriaのフィエスタなどをドライブしてきた。

 週末を通じてフォード・フィエスタRX ElectRXのキット性能とパラメータの検証、信頼性の最終確認をテーマに戦ったストールは、クオリファイ、セミファイナルと通じてフロントランナーとして駒を進め、最終的にファイナルではアウディS1 RXクワトロに乗るEuroRXレギュラーのタマーシュ・カライに競り勝ち、記念すべき電動ラリークロスマシンの公式競技初勝利を挙げた。

ハンガリー中部の小さな村カクチで開催されたハンガリー国内選手権で公式イベント初優勝を挙げたフォード・フィエスタRX ElectRX
ハンガリー中部の小さな村カクチで開催されたハンガリー国内選手権で公式イベント初優勝を挙げたフォード・フィエスタRX ElectRX
発表会の際に同席した技術集団のSTARDを率いるマンフレッド・ストール(左)と、IMG代表のポール・ベラミー
発表会の際に同席した技術集団のSTARDを率いるマンフレッド・ストール(左)と、IMG代表のポール・ベラミー


関連のニュース