ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2020.08.19 15:02
更新日: 2020.08.19 16:20

WRC日本ラウンド『ラリージャパン』2020年の開催断念。10年ぶりの復活は幻に


ラリー/WRC | WRC日本ラウンド『ラリージャパン』2020年の開催断念。10年ぶりの復活は幻に

 ラリージャパン2020実行委員会は8月19日、WRC世界ラリー選手権の日本ラウンドとして11月19~22日に行われる予定だった『ラリージャパン』の開催を新型コロナウイルス感染拡大に係る入国制限を理由に断念したと発表した。

 2020年、ラリージャパンはラリー競技の最高峰シリーズであるWRCの1戦として今シーズン最終戦に組み込まれる。その舞台は同シリーズの最高位カテゴリー、WRCクラスで世界選手権を戦うTOYOTA GAZOO Racing WRT(トヨタ)のお膝元である愛知県と、同県に隣接する岐阜県にまたがるエリアとされ、北海道で最後に行われた2010年以来、実に10年ぶりとなるWRC日本開催“ラリージャパンの復活”が決まっていた。

 しかし、新型コロナウイルスの感染が世界中で広がりをみせるなかで、日本では今年3月から感染拡大の水際対策として欧米など多数の国を対象とした外国人への入国制限を実施。この政策はいまなお継続されており、今後もしばらくは続くものと考えられている。

 前述のとおり、ラリージャパンは世界選手権の1戦であり、ドライバーやチームスタッフなど競技関係者の多くはヨーロッパ地域を拠点とする外国人が占める。そのため彼らの日本国内への入国が制限されることはラリー開催の大きな障壁となった。

 この問題を解決するため、ラリージャパン実行委員会は大会の実現に向けて、日本政府や関係省庁を含む多方面の調整に動いたものの、現段階で3カ月後の11月に数百人規模の外国人関係者を速やかに入国させられる見通しを立てることはできていない。

 こうした事情から、ラリージャパン実行委員会では「これ以上、判断を先送りすることは各方面への影響が大きくなりすぎると判断」した上で、FIA国際自動車連盟、JAF日本自動車連盟、WRCプロモーターGmbHと協議を行い、競技主催者とともに2020年のラリージャパン開催を断念する決定を下している。

 当初は2019年のWRC国内開催を目指して活動をスタートさせ、WRC日本ラウンドのプレイベントとして行われた『セントラル・ラリー愛知/岐阜2019』の開催を含む約2年半におよぶWRC日本ラウンド招致活動、ならびに開催準備活動を進めてきたラリージャパン実行委員会。同組織は今後、来秋の開催が内定している2021年大会に向けての準備に入るとアナウンスしている。

WRC日本ラウンド、ラリージャパンのプレイベントとして開催された『セントラル・ラリー愛知/岐阜2019』の様子
WRC日本ラウンド、ラリージャパンのプレイベントとして開催された『セントラル・ラリー愛知/岐阜2019』の様子


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
桜田莉奈(さくらだりな)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング