ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2016.11.15 17:25
更新日: 2016.11.15 17:26

トヨタや三菱で活躍した元WRCドライバーのフレディ・ロイクスが引退を表明


ラリー/WRC | トヨタや三菱で活躍した元WRCドライバーのフレディ・ロイクスが引退を表明

 WRC世界ラリー選手権で複数のマニュファクチャラーのファクトリードライバーを務め、近年はERCヨーロッパ・ラリー選手権などの地域選手権を中心に活動を続けてきたフレディ・ロイクスが、コンペティションの場から離れ、ラリーストとして引退する決断を下したと発表した。

 現在46歳でベルギー出身のロイクスは、同時期のブルーノ・ティリーらと並んで後のフランソワ・デュバルや現ヒュンダイのティエリー・ヌービルなどに続くベルギー人ドライバーの先駆者的存在として戦ってきた。

 27年にわたるキャリアでWRCへの出走は93戦となり、その間にミツビシ、ヒュンダイ、プジョーなどでワークスドライバーを務めた。しかしキャリアハイを記録したのはその前夜となるプライベーター時代で、トヨタ・チーム・ベルギー(TTB)に所属した当時の1998年には、ポルトガルとカタルーニャの2戦でポディウムを獲得。とくにポルトガルは相性が良く、1996年と97年には2年連続の2位、98年にも3位表彰台を記録している。

 ロイクスはこの月曜に地元ベルギーのブリュッセルで記者会見を開き、決断に際して「若いドライバーを助ける時期が来た」こと、そして「新たな立場で魅力的なチャレンジを始めるオファーを得た」ことが背景にあると語った。

後年はプジョー207S2000などでも活動したフレディ・ロイクスだが、今後はVW&シュコダの活動がメインとなる
後年はプジョー207S2000などでも活動したフレディ・ロイクスだが、今後はVW&シュコダの活動がメインとなる

シュコダが開発した現行型ファビアR5のシェイクダウンと実戦投入を担当したのもロイクスだった
シュコダが開発した現行型ファビアR5のシェイクダウンと実戦投入を担当したのもロイクスだった


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

埼玉トヨペットサポーターズ
兎咲香(とざき かおり)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング