レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2022.03.18 18:25
更新日: 2022.03.18 18:35

チーム三菱ラリーアート、増岡浩を総監督に迎えアジアクロスカントリーラリー2022に参戦へ

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


ラリー/WRC | チーム三菱ラリーアート、増岡浩を総監督に迎えアジアクロスカントリーラリー2022に参戦へ

 3月18日、三菱自動車は同社が技術支援を行う“チーム三菱ラリーアート”が2022年8月6日から12日に開催されるAXCRアジアクロスカントリーラリーに『ミツビシ・トライトン』で参戦すると発表した。同チームの総監督には元ダカール王者の増岡浩が就任している。

 AXCRはFIA国際自動車連盟が公認するクロスカントリーラリーのひとつで、主にタイが戦いの舞台となるイベントだ。このラリーの特徴は、アセアン地域と呼ばれる東南アジア特有の高温多湿な気候と、山岳や密林を中心とした過酷なオフロードで争われる点にある。

 ミツビシはこのAXCRが行われるタイに拠点を置くプライベートチーム、タント・スポーツが運営する“チーム三菱ラリーアート”に技術支援を行い、ともにラリーを戦っていくことで競技通じて得た技術情報を生産車の開発にフィードバックし、堅牢なボディとシャシーを持ち、優れた操縦安定性と悪路走破性を備えるミツビシ車の強みをさらに磨き上げていくとしている。

 また、同チームに、2002年と2003年のダカールラリーで2連覇を達成した増岡浩が総監督して参加することがアナウンスされた。

 ミツビシの世界戦略車である1トンクラス・ピックアップトラック『トライトン』でAXCRに参戦するチーム三菱ラリーアートの総監督を務める増岡は次のようにコメントしている。

「三菱自動車は長年にわたりWRC世界ラリー選手権やダカールラリーなどに参戦し、それぞれで頂点を極め、どんな天候や道でも安心して楽しめる三菱自動車らしい走りを実現させてきました」

「今回の技術支援というかたちでのアジアクロスカントリーラリーへの挑戦は、アセアンでの主力商品であるピックアップトラックやクロスカントリーSUVの商品強化につながる活動です。ファンの皆さまのご期待に沿えるよう、しっかりと準備を進めてまいりますのでご期待下さい」

 2021年11月のラリーアート(RALLIART)ブランド復活を皮切りに、タイでの特別仕様車発売、日本での専用アクセサリー販売など、新生ラリーアート・ブランドを展開させているミツビシ。今後同社は、今回アナウンスしたチーム三菱ラリーアートへの技術支援を通じモータースポーツ活動に参画することで、ミツビシのクルマづくりにかける情熱やミツビシ車の楽しさを発信していくという。

ミツビシが技術支援を行うチーム三菱ラリーアートの総監督に増岡浩が就任した
ミツビシが技術支援を行うチーム三菱ラリーアートの総監督に増岡浩が就任した
ミツビシ・トライトン ラリー仕様車
ミツビシ・トライトン ラリー仕様車
チーム三菱ラリーアートの『ミツビシ・トライトン』
チーム三菱ラリーアートの『ミツビシ・トライトン』


関連のニュース