ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2017.03.12 17:22
更新日: 2017.03.12 22:06

WRCメキシコ:好調シトロエンが首位キープ。トヨタのラトバラは6番手浮上


ラリー/WRC | WRCメキシコ:好調シトロエンが首位キープ。トヨタのラトバラは6番手浮上

 競技3日目を迎えたWRC世界ラリー選手権第3戦メキシコは現地3月11日、SS9~17が行われ、前日総合首位に浮上したクリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)がリードを広げた。トヨタのヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)は同6番手につけている。

 前日のオープニングステージとなったSS4で総合トップに浮上したミークは、この日もSS11とSS13でトップタイムをマークするなど好調を維持。総合首位の座を守っている。

WRC第3戦メキシコ クリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)
WRC第3戦メキシコ クリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)

 一方、ミークを追う同2番手セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)もSS12でトップタイムを記録する。しかし、続くSS13で痛恨のスピンを喫し、復帰に約10秒を費やすこととなった。

 午後の走行では、トップを争うふたりのタイヤ選択が分かれた。ミークはハードタイヤ4本とソフトタイヤ2本、オジエはハード2本とソフト3本という構成に。

WRC第3戦メキシコ セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)
WRC第3戦メキシコ セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)

 スピードに勝るソフトタイヤの本数が多いオジエが優位に立ったが、前述のスピンが響き、ミークとのギャップを詰めきれなかった。

 なお、SS13終了時点で39.5秒に広がったミークとオジエの差は、最終的に30.9秒となっている。

WRC第3戦メキシコ ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)
WRC第3戦メキシコ ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)


関連のニュース

本日のレースクイーン

WedsSport RacingGals
宮本りお(みやもとりお)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング