ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2023.12.19 12:33
更新日: 2023.12.19 12:43

アストンマーティンに欧州GTWCスプリント王者のドルディ加入。シャベス、ピタードもワークス入り


ル・マン/WEC | アストンマーティンに欧州GTWCスプリント王者のドルディ加入。シャベス、ピタードもワークス入り

 アストンマーティン・レーシング(AMR)は、2023年ファナテック・GTワールドチャレンジ・ヨーロッパ(GTWCヨーロッパ)のスプリントカップでシリーズチャンピオンを獲得した、マティア・ドルディとファクトリードライバー契約を結んだと発表した。また、エンリケ・シャベス、デビッド・ピタードも同陣営に加入することとなり、AMRのワークスドライバーは残留組と合わせて計9名となった。

 25歳のドルディは2019年からアウディスポーツのファクトリードライバーを務めていたが、先日インゴルシュッタットを拠点とするドイツメーカーから離脱することを確認した。

 イタリア出身のドルディは、アテンプト・レーシングが運営するトレゾア・オレンジ1で、リカルド・フェラーとともにアウディR8 LMS GT3エボIIをドライブし今季2023年のGTWCヨーロッパ・スプリントカップのタイトルを獲得。さらに、彼はアウディのマシンでニュルブルクリンク24時間レースやIGTCインターコンチネンタルGTチャレンジにも何度か参戦していた。

 そんなドルディは新天地でのプログラムを心待ちにしている。「ワークスドライバーとしてアストンマーティンに加わることができて光栄に思う」と彼は語った。

「信じられないほどの成功の歴史と、近い将来への本当に高い野心を持つモータースポーツの象徴的なメーカープログラムに参加することを、とても楽しみにしている」

「ドライバーとして成長し、世界中のもっとも重要なレースで名誉ある勝利を目指してともに戦うには、この環境が最適だと感じているんだ。AMRが来年のバンテージ・プログラムに注いでいるコミットメントは本当に有望であり、2024年がすぐにやってきてほしいよ」

 ドルディ、ピタードとともにワークス入りを果たしたシャベスは、WEC世界耐久選手権でアストンマーティン・バンテージAMRのステアリングを握り、すでに大きな成功を収めている。

 このポルトガル人レーサーは、2022年にベン・キーティング、マルコ・ソーレンセンとTFスポーツのバンテージをシェアし、同年のLM-GTEアマクラスでチャンピオンシップタイトルを獲得。ル・マン24時間レースでもクラス優勝を果たした。

アストンマーティン・ワークスドライバーに指名されたマティア・ドルディ
アストンマーティン・ワークスドライバーに指名されたマティア・ドルディ

■次のページへ:ヴァルキリー・ハイパーカープログラムも見据えたラインアップ拡充


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース