レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2024.05.12 16:10
更新日: 2024.05.12 16:11

2台でペナルティ3回。乱戦を6&7位で終えたトヨタ「ポルシェとフェラーリは明らかに我々より速かった」/WECスパ

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


ル・マン/WEC | 2台でペナルティ3回。乱戦を6&7位で終えたトヨタ「ポルシェとフェラーリは明らかに我々より速かった」/WECスパ

 5月11日(土)、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットでWEC世界耐久選手権第3戦スパ・フランコルシャン6時間レースの決勝が行われた。2度の大きなアクシデントと、長い赤旗中断により通算8時間にわたる大乱戦となる中、TOYOTA GAZOO Racing(TGR)の2台のGR010ハイブリッドは、ともにペナルティを科され大きく順位を下げながらも追い上げを見せた。

 ル・マン24時間レースの前哨戦となった今大会、TGRは他車との接触やペナルティ、そしてパフォーマンス不足と戦いながらも、ディフェンディングチャンピオンのセバスチャン・ブエミ/ブレンドン・ハートレー/平川亮の8号車が6位、前戦イモラウイナーのマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ニック・デ・フリースの7号車は7位でフィニッシュ。TGRの2台はWECのタイトル防衛のために重要なポイントを獲得した。

■エネルギー超過と速度違反、接触によるペナルティで後退

 好天で暖かな気候となった決勝日、記録的な88,100人の観客が見守る中、現地時間13時に19台のハイパーカーによる戦いの幕が切られた。

 6番手スタートの8号車ブエミは、1コーナーで他車と接触し9番手へと後退。さらに、フォーメーションラップ中の使用エネルギー量の上限を超過したとして5秒ストップのペナルティを科され、最後尾へとポジションダウンを喫した。

 一方、コンウェイの7号車は14番手スタートから1周目に12番手へと順位を上げ、トップ10入りを狙ったバトルを繰り広げた。

 2台ともに最初のピットストップは給油のみとし、ライバル勢よりピット作業を短くしたことで8番手に上がった7号車だったが、ニュータイヤに交換したライバル勢からの追い上げを受け、10番手に後退。その後、1時間半を経過したところで、セーフティカーが出されたタイミングを活かし2台ともにピットへ向かうと、ニュータイヤへと交換する。

 長いセーフティカーランの後、デ・フリースに交代した7号車は9番手、平川へと交代した8号車は11番手を走行。上位勢との差を縮めてったが、7号車はバーチャルセーフティカー時の速度違反によりドライブスルーペナルティを科され、15位へとポジションを落とした。

 レース後半に入ると、デ・フリースと平川が猛烈な追い上げを見せ、4時間が経過する頃には4台による7番手争いが展開される。デ・フリースが平川をパスした直後、コース上の別の場所で大きなクラッシュが発生し、このアクシデントにより破損したコース脇のバリア修復のため、レースは2時間近くにわたって赤旗中断となった。

 レースは残り1時間44分で再開され、数周のセーフティカーランの後、グリーンになったと同時に各車ピットへ。7号車は可夢偉、8号車はハートレーへとドライバー交代を行った。この直後、7号車は一時3番手を走行するも、ペースで勝る50号車フェラーリにかわされ4番手へと後退。

 さらに最後の30分、7号車可夢偉は51号車フェラーリと99号車ポルシェにも先行を許すと、周回遅れのGT3車両との接触で5秒加算のペナルティも科されることに。最後は7号車が8号車の2秒ほど前でチェッカーを受けたが、このペナルティにより最終結果は8号車が6位、7号車が7位となった。

 この結果、TGRのスパにおける連勝記録は7で途絶えることとなったが、2台そろっての入賞・ポイント獲得により、マニュファクチャラーズ選手権では首位のポルシェから23ポイント差の2位で、シーズンハイライトのル・マン24時間へと進むことになる。

 TGRからWEC第3戦決勝に出走した6名のドライバーのレース後のコメントは、以下のとおり。

2024WEC第3戦スパ
好天の下で行われた2024年WEC第3戦スパ・フランコルシャン6時間レース

■小林可夢偉(チーム代表兼7号車ドライバー)

「難しいレースでした。パフォーマンスを考えれば、6位と7位というのはできる限り最良の結果だったと思います。ル・マンの前哨戦であり、我々にとってホームレースのひとつでもあるので、上位を争って良い結果を残せなかったのは残念です」

「我々にとっては厳しいレースとなってしまいましたが、この結果を受け入れ改善を進め、ル・マンではもっと強くなって戻ってこなくてはなりません」

■マイク・コンウェイ(7号車)

「ペナルティもあり、我々にとってはやや厳しいレースとなってしまった。ポイントが獲得できたことは良かったが、最後、フェラーリとポルシェが我々よりも速いことは明らかだった。タイヤで苦しみ、彼らのペースにはついていけなかった」

「コースの路面状況が改善されていくにつれて、我々のペースも良くなっては行ったが、それでもまだ全然足りなかった。ル・マンへ向けてプッシュを続けて行く」

■ニック・デ・フリース(7号車)

「この週末、我々は全体的に競争力が足りなかった。今日の結果は、この難しいレースで我々がチームとして達成できる最大限だったと思う。すべてを考慮しても、これ以上のことはできなかっただろう」

「もちろん、このような状況には満足していないが、それが現実であり、できることはした。次戦ル・マンではもっと競争力を発揮できることを期待している」

小林可夢偉
7号車GR010ハイブリッドのドライバーとチーム代表を兼任する小林可夢偉

■セバスチャン・ブエミ(8号車)

「今日もまた波乱のレースだった。スタートはうまく行かず、激しいプッシュを受けることになった」

「レースが始まる前からペナルティを受けることになったのは残念だ。あれで最下位に落ちてしまい、その後は懸命に挽回を図った。結果は理想的なものではないが、受け入れるしかない」

「少なくとも2台そろって完走し、ポイントを獲得できたことは良かったが、もう少しいい結果を望んでいた」

■ブレンドン・ハートレー(8号車)

「いろいろなことが起きたレースだったが、我々がライバルに比べペース面で足りなかったことは確かだ」

「不運にもペナルティを科されたことで大きく順位を落とすことになったが、そこから挽回したという意味では最大限の結果だったと思う。6位というのは今日の我々のペースを反映した妥当な結果だろう」

■平川亮(8号車)

「とても長いレースで、我々にとっては厳しいものでした。現時点で我々は最速ではなく、ポルシェとフェラーリは明らかに我々よりも速かったので、ル・マンまでにやるべきことはたくさんあります。改善を続けなくてはなりません」

「ドライバーとして全力を尽くしましたが、表彰台に上れなかったのは残念です。ル・マンでは表彰台の中央に返り咲けることを願っていますし、そのためにもハードワークを続けます」

2024WEC第3戦スパ
8号車GR010ハイブリッドの平川亮、セバスチャン・ブエミ


関連のニュース