ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2017.05.10 05:00
更新日: 2017.05.09 19:46

WEC:ポルシェ、第2戦スパの敗因は「過度なタイヤ摩耗」。ローダウンフォース仕様には自信


ル・マン/WEC | WEC:ポルシェ、第2戦スパの敗因は「過度なタイヤ摩耗」。ローダウンフォース仕様には自信

 WEC世界耐久選手権に参戦するポルシェは、ローダウンフォース仕様のマシンと摩耗したタイヤの組み合わせが第2戦スパ・フランコルシャンでの敗因だったとしている。

 ポルシェは金曜日に行われた予選でトヨタを抑えポールポジションを獲得。しかし、翌土曜日の決勝レースではその勢いを維持できず、レーススタートから1時間で2台のトヨタTS050ハイブリッドにワン・ツー体制を築かれてしまった。

 ポルシェはポールシッターの1号車ポルシェ919ハイブリッドが総合4位でチェッカーを受けた一方で、レース中盤にパンクやLMP2マシンとの接触からマシンフロント部の交換を強いられるなどタイムロスがあった2号車を総合3位に送り込んだ。

 チーム監督のアンドレアス・ザイドルは、予想以上に高かった気温によりタイヤの摩耗が過度に進んでしまったことが、ハイダウンフォース仕様の7号車トヨタ、8号車トヨタに敗れた要因だとしている。

 なお、ザイドルはローダウンフォース仕様だった9号車トヨタには苦戦することはなかったとも語っている。

「我々のローダウンフォース仕様は、速度の面ではハイダウンフォース仕様のトヨタには及ばなかったが、それは単にタイヤの摩耗がひどかったからだ」とザイドル。

2017WEC第2戦スパ 1号車ポルシェ919ハイブリッド
2017WEC第2戦スパ 1号車ポルシェ919ハイブリッド

「しかし、ローダウンフォース仕様だったトヨタの3台目は抑え込むことができた。パンクで失ったタイムを考えれば、パフォーマンス面に問題はない」

「来週、アラゴンで(最後の)耐久テストを行う。そのあとのル・マン(24時間耐久レース)が待ち遠しいよ」

■2号車ハートレー「ル・マンに向けて自信を強めてもいいはず」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

埼玉トヨペットサポーターズ
兎咲香(とざき かおり)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング