ル・マン/WEC ニュース

2017.07.19

マツダと名門ヨーストが『マツダチーム・ヨースト』結成。2018年のIMSAへフル参戦


ル・マン/WEC | マツダと名門ヨーストが『マツダチーム・ヨースト』結成。2018年のIMSAへフル参戦

 IMSAウェザーテック・スポーツカーチャンピオンシップ(WSCC)に参戦しているマツダ・モータースポーツは7月19日、2018年のWSCCにヨースト・レーシングと協力し、『マツダチーム・ヨースト』として参戦すると発表した。

 1999年から2016年までWEC世界耐久選手権にアウディスポーツ・チーム・ヨーストとして参戦してきたヨースト・レーシング。これまでル・マン24時間では通算16度の総合優勝を飾っているほか、デイトナ24時間、セブリング12時間でも複数回の総合優勝を手にしている耐久レースの名門だ。

55号車マツダRT24-P 2017年WSCC第5戦デトロイト

 また、2017年シーズンのWSCCに2台のRT24-Pを投入しているマツダは、2017年シーズンはこれまで7戦中3戦で総合3位を獲得する活躍をみせているほか、デイトナ24時間では通算22回のクラス優勝を獲得。セブリング12時間でも13度のクラス優勝を成し遂げている。

開幕5連勝を飾ったウェイン・テイラー・レーシングの10号車キャデラックDPi-V.R

 そんな両者が2018年シーズンからコラボレーション。シリーズを制圧しているキャデラックDPi-V.RやニッサンDPi-V.R勢を相手にシリーズチャンピオンを目指す。

「マツダが1964年に初めてレースカーを走らせて以来、私たちの”飽くなき挑戦”精神は、レースに参戦し続け、勝利とチャンピオンシップタイトルを獲るために力を尽くすと言う意味で使っています」と語るのはマツダモーターオブアメリカ(マツダUSA)の毛籠勝弘社長兼CEO。

「マツダチーム・ヨーストの設立は、プロトタイプカテゴリーで最高の実績があるチームとパートナーシップを締結する特別な機会であり、マツダを表彰台の中央に戻すチャンスを与えてくれます」

「私はヨーストの皆さまをマツダファミリーとして大歓迎します。私たちは、今後マツダのモータースポーツにおける成功のヒストリーにさらに多くのページを書き込むことになるでしょう」

■マツダ、2017年残り3戦は欠場。2018年に万全を期す


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

チームマッハ マッハ車検 GAL
杉本夏陽(すぎもとなつひ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング