ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2017.10.18 15:44
更新日: 2017.10.18 15:48

WEC:トヨタ、2018/19年シーズン参戦への決断を急がず。車両開発もペースダウン


ル・マン/WEC | WEC:トヨタ、2018/19年シーズン参戦への決断を急がず。車両開発もペースダウン

 WEC世界耐久選手権に参戦しているトヨタのテクニカルディレクター、パスカル・バセロンによれば、トヨタは2018/19年のWEC“スーパーシーズン”に参戦するかどうか、その決断を急いでいないという。

 トヨタが戦うLMP1クラスでは、2017年限りでポルシェがワークス活動を終了するため、来シーズンから同クラスへワークス参戦するのはトヨタ1社のみになるとみられている。

 しかし、トヨタは来季以降の活動についての言及を避けており、ウインターシリーズとなる2018/19年のWECにどういった形で参戦するか不透明なままだ。

 Sportscar365.comは、バセロンが2018/19年のLMP1テクニカルレギュレーションが発表されるまで、トヨタが決断を下すことはないと語ったと報じている。LMP1は2018/19年からワークスチームのハイブリッド搭載車、プライベートチームの非搭載車をひとつのカテゴリーに統合して争われる。

「我々が決断を下すデッドラインは、レギュレーション発表のタイミングに依存している」とバセロン。

「現在の状況を追ってはいるが、LMP1がどういった形になるのか正確に把握する前に、なにかを約束することは難しい」

「今の段階で、来シーズンのレギュレーションやWECの将来は依然として不透明なままだ。だから、我々が決断を急ぐ理由も見当たらない」

「我々の立場からすれば、シリーズに参戦するかどうかの回答期限は存在しないんだ」

 また、バセロンはレギュレーションが確定していないことで、2018年シーズンに向けた開発もペースを落としているとコメント。継続参戦する場合も、2018年仕様のトヨタTS050ハイブリッドは、2017年仕様と「ほぼ似ている」ものになるだろうと語っている。

「マシンの開発を続けるだけの強い理由が存在しないんだ」

「我々がどこに向かっているのかを知る必要があり、そのために開発のペースも落としている」

「今後も似たようなレギュレーションが維持され、2019年以降にプジョーが復帰参戦するのであれば開発を続ける。充分な理由ができるからね」

「しかし、2020/21年に大幅な規則改定が行われることは間違いない。これでは現行レギュレーションのもとで開発を続けていく理由がないんだ」


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
チャナナ沙梨奈(ちゃななさりな)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング