ル・マン/WEC ニュース

2017.12.28

ブランパンGT:Rモータースポーツ、アストンマーチンのティーム&マルタン起用を発表


ル・マン/WEC | ブランパンGT:Rモータースポーツ、アストンマーチンのティーム&マルタン起用を発表

 2018年、ブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップのプロクラスに参戦するRモータースポーツは12月27日、アストンマーチン・ワークスドライバーのニッキー・ティームとマキシム・マルタンの起用を発表した。
 
 AFレーシングのモータースポーツ部門であるRモータースポーツ。チームは11月下旬に行なった発表のなかで、レッドブルF1チームのクリスチャン・ホーナー代表が共同創設者となっているアーデン・インターナショナルと提携し、2台の『アストンマーチンV12バンテージGT3』を世界最大級のGT3レースであるブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップに投入するとアナウンス。

 元F1ドライバーのマーティン・ブランドルを父に持つアレックス・ブランドルと、今季ベルジャン・アウディ・クラブチームWRTから同シリーズに参戦したジェイク・デニスのふたりを全6名からなるドライバーラインアップの一部として発表していた。
 
 そんなチームは今回、2名のアストンマーチン・ワークスドライバーをラインアップに追加。『アストンマーチン・バンテージGTE』を駆り2016年のWEC世界耐久選手権LM-GTEプロクラスチャンピオンとなっているティームと、今オフにBMWからアストンマーチンに移籍してきた元DTMドライバーのマルタンがカスタマーチームをサポートする。

「マキシム(・マルタン)とニッキー(・ティーム)を2018年シーズンのドライバーラインアップに追加でき、とても興奮している」と語るのはRモータースポーツ代表のフロリアン・カメルガー博士。

「ふたりのワークスドライバーを迎えるということは、アストンマーチン・ブランドとの関係をより深いものとする意味合いをもつ。そして、レースではGTのトップドライバーである彼らがゲームを有利にしてくれるだろう」

BMWからアストンマーチン・レーシングへ移籍したマキシム・マルタン
BMWからアストンマーチン・レーシングへ移籍したマキシム・マルタン


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

2019 リアライズガールズ
小泉奈央(こいずみなお)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング