ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2018.03.17 14:23
更新日: 2018.03.17 15:00

IMSA:第2戦セブリング、ニッサンDPiがフロントロウ獲得。GTLMクラスはBMW M8 GTE初ポール


ル・マン/WEC | IMSA:第2戦セブリング、ニッサンDPiがフロントロウ獲得。GTLMクラスはBMW M8 GTE初ポール

 IMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップは3月16日、2018年シーズン第2戦『第66回セブリング12時間レース』の公式予選が行われ、スピリット・オブ・デイトナ・レーシングの90号車キャデラックDPi-V.R(マット・マクマリー/トリスタン・ボーティエ/エディ・チーバー組)がポールポジションを獲得した。
 
 1月末にデイトナ24時間レースで幕を開けたシリーズ第2戦の舞台は、アメリカ陸軍の飛行場跡地を利用して造られたセブリング・インターナショナル・レースウェイ。コンクリート敷きのトラックは路面の継ぎ目が荒く、米国屈指のバンピーなコースとして知られている。
 
 15日(木)から16日(土)にかけて合計4回行われたフリープラクティスの後に実施された予選では、ボーティエ駆る90号車キャデラックが、15分間で行われるセッション中盤に全体トップとなる1分47秒710をマーク。さらに終盤には1分47秒423を記録して今季初のポールポジションを確実なものとした。
 
 トップから0.160秒差の総合2番手はテキーラ・パトロン・ESMの2号車ニッサンDPi(スコット・シャープ/オリビエ・プラ/ライアン・ダルジール組)。同3番手にはアキュラ・チーム・ペンスキーの7号車アキュラARX-05 DPi、4番手にESMの22号車ニッサンDPiがつけ、5番手ウェレン・エンジニアリング・レーシングの31号車キャデラックDPi-V.Rまでが1分47秒台をマークしている。
 
 マツダチーム・ヨーストが走らせる2台のマツダRT24-P DPiは、77号車マツダが総合7番手、55号車マツダは総合9番手となった。

ポールポジションを獲得したトリスタン・ボーティエ(90号車キャデラックDPi-V.R)
ポールポジションを獲得したトリスタン・ボーティエ(90号車キャデラックDPi-V.R)
7番手スタートとなった77号車マツダRT24-P DPi
7番手スタートとなった77号車マツダRT24-P DPi
予選3番手につけたアキュラ・チーム・ペンスキーの7号車アキュラARX-05DPi
予選3番手につけたアキュラ・チーム・ペンスキーの7号車アキュラARX-05DPi
マイケル・シャンク・レーシングの93号車NSXはフリープラクティスでクラッシュ。予選は出走できず。
マイケル・シャンク・レーシングの93号車NSXはフリープラクティスでクラッシュ。予選は出走できず。


関連のニュース