ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2018.04.20 19:05
更新日: 2018.04.21 00:16

WEC:トヨタとLMP2の“二足のわらじ”履くデビッドソン、「最優先はトヨタ」


ル・マン/WEC | WEC:トヨタとLMP2の“二足のわらじ”履くデビッドソン、「最優先はトヨタ」

 WEC世界耐久選手権に参戦するTOYOTA GAZOO Racingのリザーブ兼開発ドライバーを務めながら、6月の第2戦ル・マン24時間後にはLMP2クラスを戦うドラゴンスピードに加わるアンソニー・デビッドソンは、トヨタでの職務に全力を尽くしていると語った。

 5月3~5日の第1戦スパを皮切りに2019年6月15~16日の最終戦ル・マン24時間まで、1年以上に渡って争われる2018/19年のWEC“スーパーシーズン”。トヨタは最上位のLMP1クラス唯一のワークスチームとして参戦する。

 そのトヨタはドライバーラインアップに2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソを起用することを発表。代わりに2014年からWECでトヨタの一角を占めてきたデビッドソンがレギュラーシートを失っている。

 レギュラーの座を失ったデビッドソンはWECスーパーシーズンではリザーブドライバーとしてトヨタに残留。ウインターテストではトヨタTS050ハイブリッドの開発を担当したほか、4月上旬のプレシーズンテスト“プロローグ”でもアロンソの代役としてトヨタTS050ハイブリッドのステアリングを握った。

 その一方、デビッドソンは第3戦以降はLMP2クラスを戦うドラゴンスピードに加わることを明かしており、トヨタのレギュラーシートに空きができた場合どちらを優先するか注目が集まっていた。

「僕が必要とされるときは、トヨタが優先される。それが両方のチームと僕が歩み寄り、合意したことのひとつなんだ」とデビッドソン。

「今年のル・マン24時間に向けてリスクをなくして安全策を取るためで、僕もその考えに同意している」

「僕は準備を整えなければならないし、チームもそう望んでいる。ル・マンでの試練の直前までトヨタは勝利を掴むために最善を尽くすし、それまでの間、僕もチームとともに職務をこなすという計画なんだ」

「(LMP1クラスのレースシートを失ったことについて)僕にできることは何もない。だから次善の策としてレースに身を投じる必要があった。そこでドラゴンスピードとの契約が持ち上がってきたんだよ」

 8月のシルバーストン6時間から、デビッドソンはエルトン・ジュリアン率いるドラゴンスピードの31号車オレカ07・ギブソンを、ロベルト・ゴンザレスと元F1ドライバーのパストール・マルドナドとシェアすることになる。

■かつて活躍したIMSAへの復帰も視野に

WECとELMSに参戦するドラゴンスピードのオレカ07・ギブソン
WECとELMSに参戦するドラゴンスピードのオレカ07・ギブソン

この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

TOYO TIRES
水口みか(みずぐちみか)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング