ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2018.04.25 20:02
更新日: 2018.04.26 15:01

日本勢のクラス優勝なるか? 2018年のニュル24時間には150台がエントリー


ル・マン/WEC | 日本勢のクラス優勝なるか? 2018年のニュル24時間には150台がエントリー

 5月12~13日にドイツ・ニュルブルクリンクにて決勝レースが開催される『第46回ADACチューリッヒ24時間レース』(ニュル24時間)のエントリーリストがこのほど発表された。エントリー台数は昨年の161台から11台減り、全22クラスで計150台となっている。

 総合優勝を争うSP9(FIA-GT3)クラスには前年とほぼ同数の29台がエントリー。内訳はポルシェ911 GT3 Rが8台、アウディR8 LMSとメルセデスAMG GT3が各7台、BMW M6 GT3が5台、ランボルギーニ・ウラカンGT3とフェラーリ488 GT3が各1台。

 昨年まで参戦していたベントレー・コンチネンタルGT3やニッサンGT-RニスモGT3、レクサスRC F GT3、そして2018年にデリバリーが開始されたホンダNSX-GT3の名前は残念ながらなし。

 そして、このSP9クラスに割って入りそうなのが、旧型モデルSP9-LGクラスの2台(アストンマーチン・ヴァンテージGT3、BMW Z4 GT3)、SP-Xクラスの2台(ルノーR.S.01、スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスSCG003c)とSP-PROクラスの1台(レクサスLC)あたりだろうか。

 いずれにしてもワークスドライバーを投入するドイツの4メーカー、なかでもアウディとメルセデスが優勝争いの軸になりそうだ。これまで開催されたVLN(ニュル耐久シリーズ)1と2、そして先日の予選レースの結果によりトップ30予選に出走する30台のうち15台は決定。残り15台の座をかけて予選からヒートアップするに違いない。

2018ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦するレクサスLC
2018ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦するレクサスLC
ニュルブルクリンク24時間の予選レースに臨んだ90号車スバル
ニュルブルクリンク24時間の予選レースに臨んだ90号車スバル

 日本勢はGAZOO Racingの56号車レクサスLC(土屋武士/松井孝充/中山雄一/蒲生尚弥)とSTIの90号車スバルWRX STI(カルロ・バンダム/ティム・シュリック/山内英輝/井口卓人)の2台。レクサスLCのSP-PROクラスはこの1台のみエントリーとなっているほか、WRX STIが戦うSP3Tクラスも今年は参加台数が大幅に減って4台のみとなり、例年のライバルであるLMSエンジニアリングのエントリーもない。したがってどちらもノートラブルで走りきれば、クラス優勝を手にすることは充分に可能だ。

 そのほか、岐阜県に本拠を置くレクサス“F”モデル専門チューナー『NOVEL』のNovel Racingからは、佐々木孝太/吉本大樹/ドミニク・ファーンバッハー/マリオ・ファーンバッハー(42号車レクサスRC F)、東徹次郎/小山佳延/松井猛敏/佐々木孝太(43号車レクサスIS F CCS-R)がSP8クラスに、梅本淳一と奥村浩一(125号車ルノー・クリオカップ)がSP3クラスに参戦。また関豊(156号車BMW 325i)、福田幸平(146号車ポルシェ・ケイマン)、小西隆詔(245号車BMW 325i Racing)の名前もある。

 なお1999年から連続参戦している日本の”ニュルマイスター”こと木下隆之の名前はリストになし。今年のニュル24時間はタイ・ブリーラムで開催されるブランパンGTシリーズ・アジア第2戦と日程が重なっており、木下は同シリーズにBMW Team Studieからシリーズエントリーしていることから、そちらに参戦する可能性が高そうだ。

 ニュル24時間の週末に併催されるのはWTCCから生まれ変わったFIA WTCRワールド・ツーリングカー・カップとアウディR8 LMSカップ、24hクラシックの3シリーズ。レースウィークの主な日程は以下のとおりだ(日本との時差は7時間)。

●5月10日(木)
13:20-15:00 フリー走行
20:30-23:30 予選1回目

●5月11日(金)
14:55-16:45 予選2回目
19:00-19:40 トップ30予選

●5月12日(土)
9:10-10:10 ウォームアップ
15:30 決勝スタート

●5月13日(日)
15:30 決勝ゴール


本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング