ル・マン/WEC ニュース

2018.06.08

WEC:トヨタ、悲願のル・マン初制覇へ準備は万端。「これまでの“借りを返す”」


ル・マン/WEC | WEC:トヨタ、悲願のル・マン初制覇へ準備は万端。「これまでの“借りを返す”」

 TOYOTA GAZOO Racingが2012年から参戦しているWEC世界耐久選手権。そのシリーズのハイライトして知られる伝統の耐久レースイベント、ル・マン24時間レースが今年も夏至間近の6月16~17日、フランスのサルト・サーキットで開催される。初優勝を目指すトヨタは2台のトヨタTS050ハイブリッドで2018年のル・マンに挑む。

 2012年からシリーズの最高峰であるLMP1クラスにハイブリッドマシンを投入しているトヨタにとって今季のル・マンは例年以上に優勝へのプレッシャーが掛かるものになっている。というのも2016年のアウディに続き、昨シーズン限りで最大のライバルであったポルシェがLMP1から撤退したことで自動車メーカーのワークスチームはトヨタ1社のみとなったためだ。

 しかし、だからといってトヨタが簡単にル・マンの総合優勝を勝ち取れるかと言えば、これまで幾度となく苦しめられてきた24時間レース中のトラブルやアクシデント、さらに今季新たにLMP1に参入してきた複数のプライベーターチームがそれを許してはくれないだろう。

 今季はLMP1クラスの車両レギュレーションが大幅改正されたことでプライベーターのマシンのスピードが格段に上がっており、3日に行われたル・マンの事前テストでは総合トップタイムをマークした8号車トヨタに対して、レベリオン・レーシングの3号車レベリオンR13・ギブソンが0.6秒差の総合2番手に迫ったほどだ。

 それでもトヨタは昨年見せた圧倒的な“速さ”に加えて2018年は“強さ”を増す開発を重ねることで、TS050ハイブリッドを24時間に渡って戦い続けられるマシンに強化。シーズン前のテストでは不慮のアクシデントへの対応や3輪状態での走行といった万が一に備える避難訓練のようなシミュレーションも行ってきたという。

 さらにシーズン参戦に際してドライバーラインアップも強化され、7号車は小林可夢偉、ホセ-マリア・ロペス、マイク・コンウェイという結成2年目の布陣をそのままに8号車トヨタには2度のF1ワールドチャンピオン、フェルナンド・アロンソを中嶋一貴、セバスチャン・ブエミのふたりに加えた。そのデビューレースとなったWEC開幕戦スパでは新生8号車トリオが勝利を飾っている。

「いよいよル・マン24時間レースを迎え、身が引き締まる思いです。ここ数年間のレースを思い返し、『これまでの借りを返す』と言う強い思いで臨みます」と語るのはTOYOTA GAZOO Racingの村田久武代表。

村田久武Toyota GAZOO Racing代表
村田久武TOYOTA GAZOO Racing代表


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA promotional models
松田蘭(まつだらん)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング