ル・マン/WEC ニュース

2018.06.18

WEC:70周年のポルシェが1-2でル・マン制圧。マコウィッキ「フォードとのバトルは最高だった」


ル・マン/WEC | WEC:70周年のポルシェが1-2でル・マン制圧。マコウィッキ「フォードとのバトルは最高だった」

 6月16~17日、フランス、ル・マンのサルト・サーキットで『第86回ル・マン24時間レース』が行われ、4台体制でこのレースに臨んだポルシェGTチームの92号車ポルシェ911 RSR(ミハエル・クリステンセン/ケビン・エストーレ/ローレンス・ファントール組)と91号車ポルシェ911 RSR(ジャンマリア・ブルーニ/フレデリック・マコウィッキ/リヒャルド・リエツ組)が、LM-GTEプロクラスでワン・ツー・フィニッシュを飾った。

 2018年でスポーツカー誕生70周年を迎えるポルシェは、WECで活躍する91号車、92号車ポルシェに加えて、北米のIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップを戦う911号車と912号車を、それぞれ93号車と94号車ポルシェとして欧米6メーカーのワークスチームが争うル・マンの“激戦区”、LM-GTEプロクラスにエントリー。ライバルとなるフォード・チップ・ガナッシ勢と同数の4台体制でアニバーサリーイヤーの栄冠獲得を狙った。

 4台のポルシェ911 RSRにはル・マン総合優勝者を含むポルシェワークスドライバー12名が乗り込むことで話題を集めたが、このレースウイークに何よりも注目されたのは、1971年のポルシェ917/20に採用された“ピンク・ピッグ”と、1980年台に活躍したポルシェ956/962Cなどで見られた“ロスマンズカラー”の復活だろう。

 予選でフロントロウを独占したロスマンズカラーの91号車ポルシェと、全身ピンクで愛らしい姿となった92号車ほか2台の911 RSRは、レース直前のBoP変更によって10kgの追加ウエイトを課されるも、16日(土)15時にスタートが切られたレースでは持ち前のスピードを発揮する。

 スタートからトップ2を守る2台のポルシェは、3時間35分過ぎに入ったセーフティカー(SC)ランによって大きくクラス順位がシャッフルされる混乱を乗り切り、レース序盤からワン・ツー体制を維持していく。

 レースのリスタート後、トップに立った92号車ポルシェが2番手以下に対するリードを大きく広げるなかで、2番手となった91号車ポルシェは68号車フォードGTと長時間に渡る壮絶なクラス2番手争いを展開。コース上での抜きつ抜かれつの好バトルや、同時ピットストップによるチームクルー同士の戦いを経て、この名勝負はスタートから21時間過ぎに91号車ポルシェのリード拡大によってようやく決着した。

91号車と92号車ポルシェの2台がスタートからGTEプロクラスを牽引した。
91号車と92号車ポルシェの2台がスタートからGTEプロクラスを牽引した。
優勝した92号車ポルシェ911 RSR
優勝した92号車ポルシェ911 RSR
GTEプロクラスを制した92号車ポルシェのドライバーはレーシングスーツもピンクピッグとなっていた。
ロスマンズの復刻限定カラーとなった91号車ポルシェ911 RSR


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA ADVAN GAL
夏江花(なつえはな)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング