ル・マン/WECニュース

2018.06.29

驚異の5分台! ポルシェ919ハイブリッドEvoがニュルブルクリンクの新レコード樹立


ル・マン/WEC | 驚異の5分台! ポルシェ919ハイブリッドEvoがニュルブルクリンクの新レコード樹立

 ポルシェは6月29日、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コース“ノルドシュライフェ”でポルシェ919ハイブリッドEvoによるタイムアタックを行い、従来のレコードタイムを大きく上回る5分19秒546をマークしたと発表した。

 全長20キロ以上のコースに約170のコーナーを有すことで“世界一過酷なコース”として知られるノルドシュライフェのレコードタイムは、今から35年前、1983年のニュルブルクリンク1000kmの予選で、当時ポルシェ956をドライブしていた故ステファン・ベロフによって記録された6分11秒13となっており、このタイムは長らく破られることなく今日まで守られてきた。

 ポルシェはこの伝説的なタイムを自らの手で破るべく、昨年限りで役目を終えたLMP1マシン、ポルシェ919ハイブリッドを大幅にアップデート。エアロダイナミクスをはじめ、パワートレイン、足回りに至るまで全面的に改良が施された『919ハイブリッドEvo』を仕立て、4月にはワークスドライバーであるニール・ジャニのドライブで、スパ・フランコルシャンのサーキットレコードタイムを破ってみせた。

ニュルブルクリンク北コースの新レコードを樹立したポルシェ919ハイブリッドEvo
ノルドシュライフェを走るポルシェ919ハイブリッドEvo
ノルドシュライフェを走るポルシェ919ハイブリッドEvo

 今回のチャレンジにあたっては、6月上旬にノルドシュライフェで事前テストを実施し、本番のアタックを担当した地元出身のワークスドライバー、ティモ・ベルンハルトがポルシェが誇る最新モンスターマシンの調整を行っている。

 迎えた29日は晴天、路面はドライという状況のなか予定どおりにタイムアタックが行われ、ベルンハルトが駆るポルシェ919ハイブリッドは従来のレコードを50秒以上短縮する5分19秒546をマーク。5月12日にともにパレードランを行ったポルシェ956の偉大な記録を打ち破ってみせた。

 新たなレコードを打ち立てたポルシェは今後も“919トリビュート”ツアーの一環として、7月12日からイギリスで行われるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードや、ブランズハッチで開催するポルシェ・フェスティバル、アメリカのラグナセカで行われるポルシェ・レンシュポルト・リユニオンでも919ハイブリッドEvoを走らせる予定だ。

2018ニュルブルクリンク24時間のスタート前にデモ走行を行ったポルシェ956と919ハイブリッドEvo
2018ニュルブルクリンク24時間のスタート前にデモ走行を行ったポルシェ956と919ハイブリッドEvo
919ハイブリッドEvoをドライブし5分19秒546をマークしたティモ・ベルンハルト
919ハイブリッドEvoをドライブし5分19秒546をマークしたティモ・ベルンハルト
ニュルブルクリンク北コースの新レコードを樹立したポルシェ919ハイブリッドEvo
ノルドシュライフェを走るポルシェ919ハイブリッドEvo
ノルドシュライフェを走るポルシェ919ハイブリッドEvo
ニュルブルクリンク北コースの新レコードを樹立したポルシェ919ハイブリッドEvo


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

GORDON/2019TAS
かりん(様)(かりん(さま))

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング