ル・マン/WEC ニュース

2018.07.05

ブランパンGT:スパ24時間テストで新型ベントレーが最速マーク。18年型GT-Rも上位に


ル・マン/WEC | ブランパンGT:スパ24時間テストで新型ベントレーが最速マーク。18年型GT-Rも上位に

 7月24~29日にベルギーのスパ・フランコルシャンで開催されるブランパンGTシリーズ第7戦『トタル・スパ24時間』に先駆け7月3~4日、同地で事前テストが行われた。3日の公式テストはオプティマム・レーシングの175号車アストンマーチンV12バンテージがファステストラップを記録し、翌4日のプライベートテストではベントレー・チームMスポーツの8号車ベントレー・コンチネンタルGT3が全体ベストとなる2分19秒637を記録している。

 2018年大会で70回目の開催となるスパ24時間。欧州を転戦するブランパンGTシリーズと、鈴鹿10時間レースを含む全4戦で争われるIGTCインターコンチネンタルGTチャレンジというふたつのシリーズのハイライトとして知られるこの一戦は、通常のレースで得られるポイントに加えてボーナスポイントが獲得できることから、両シリーズのシリーズチャンピオン争いを左右するイベントとなる。

 そんなスパ24時間の公式テストデーは3日(月)、午前と午後で合計8時間にのぼるセッションが設けられ、64台のGT3カーが本戦に向けたチェックなどを行なった。晴天のなか行われた午前のセッションでトップに立ったのは、ベルジャン・アウディクラブ・チームWRTの2号車アウディR8 LMS。タイムは2分19秒999だった。

 わずかに雲が出てきたことで気温が下がった午後のセッションでは多くのマシンがタイムを伸ばしていく。

 最終的に2分19秒802をマークした175号車アストンマーチンがこの日の全体トップとなり、0.031秒差でハーバート・モータースポーツの991号車ポルシェ911 GT3 Rが2番手に。3番手となったGT SPORT・モチュール・チームRJNの23号車ニッサンGT-RニスモGT3、ベントレー陣営の7号車ベントレー、2号車アウディまでのトップ5台が2分19秒台に入っている。

オプティマム・レーシングの175号車アストンマーチンV12バンテージ
オプティマム・レーシングの175号車アストンマーチンV12バンテージ
ハーバート・モータースポーツの991号車ポルシェ911 GT3 R
ハーバート・モータースポーツの991号車ポルシェ911 GT3 R
GT SPORT・モチュール・チームRJNの23号車ニッサンGT-RニスモGT3
GT SPORT・モチュール・チームRJNの23号車ニッサンGT-RニスモGT3
ベントレー・チームMスポーツの7号車ベントレー・コンチネンタルGT3
ベントレー・チームMスポーツの7号車ベントレー・コンチネンタルGT3
ベルジャン・アウディクラブ・チームWRTの2号車アウディR8 LMS
ベルジャン・アウディクラブ・チームWRTの2号車アウディR8 LMS


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

MOTUL Circuit Lady
辻井美香(つじいよしか)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング