ル・マン/WECニュース

2018.07.20

まるで“新コーナー”!? ブランパンGTアジア富士戦はショートカットコースで開催へ


ル・マン/WEC | まるで“新コーナー”!? ブランパンGTアジア富士戦はショートカットコースで開催へ

 7月20〜22日に、富士スピードウェイで開催されるブランパンGTシリーズ・アジア第7戦/第8戦。20日は45分間のフリープラクティスが2回開催されたが、今回のレースは急遽、ダンロップコーナーのレイアウトが変更され、ショートカットコースで開催されることになった。

 2017年から開催され、今季で2年目を迎えたブランパンGTシリーズ・アジア。6月30日〜7月1日に鈴鹿サーキットで開催された第5戦/第6戦に続き、7月20〜22日に開催される富士スピードウェイでのラウンドを迎えた。

 今回のブランパンGTアジアは、『ザ・ワンメイクレース祭り2018』のイベントのひとつとして開催され、多数の併催レースが行われるが、すでに19日から走行がスタートしていたランボルギーニ・スーパートロフェオの走行から、ダンロップコーナーのクリッピングポイントの縁石付近に、路面の剥がれが起きていることが判明した。折からの猛暑の影響なのかは不明だが、急遽補修が行われることになった。

 ただ、ブランパンGTアジアとスーパートロフェオでは安全性を考慮し、今回の富士ラウンドではダンロップコーナーの通常のコースを使わないことになった。このイベントで使用されるのは、外側に設けられているショートカットだ。これまでレースで使われたことはあったというが、大きなレースでの使用はほぼ初めてだろう。

 このレイアウト変更によって、ダンロップコーナーは速度域がまったく異なる右コーナーに変貌を遂げることになった。実際にフリープラクティスの際に見にいくと、まだ感覚を掴めていないドライバーが多いのかコースアウトも多く、巻き上げた土埃で非常にダスティ。ただ、今までにないコーナリングが観られ、なかなかエキサイティングなコーナーに変貌していた。

■ドライバーからは好評!?

「新鮮ですよね。(鈴鹿の)デグナーひとつめ……とまではいかないまでも、速くて楽しいコーナーになってますね。富士スピードウェイは全部コーナーの奥側が狭くなっていますが、あそこは外側が広くなっているので、アグレッシブにいけるコーナーが“できた”感じです」というのは、D’station Radingの荒聖治。

「3速で抜けるんですが、高速コーナーに近くて面白いです。すごく新鮮ですよ。ただ、あそこでオーバーテイクはできなくはなりますね」とチームメイトの星野敏も口を揃える。

 同じポルシェ911 GT3 Rを使うPorsche Team EBIの山野直也は、「僕はスポーツ走行で何度かあのレイアウトを走ったことがあるんです。イメージはあったので、GT3カーで走っても同じ印象ですね」という。

路面補修が行われたダンロップコーナーのひとつめのエイペックス
ダンロップコーナーのショートカットレイアウトを走るD’station Racingのポルシェ。コースアウトしていなくても非常にダスティ


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

Moduloプリティ
山口ミカ(やまぐちみか)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング