ル・マン/WECニュース

2018.08.23

竹田&白坂が北米ピレリ・ワールドチャレンジに挑戦。刺激的な未知のコースをレポート


 8月10〜12日、アメリカはユタ州にあるユタ・モータースポーツ・キャンパスで開催されたピレリ・ワールドチャレンジ(PWC)第9戦・第10戦。このレースのGT-Xクラスに、竹田直人/白坂卓也のふたりがBMW M6 GT3で参戦した。日本ではそれほど馴染みがあるシリーズではないPWC、そしてユタ・モータースポーツ・キャンパスとはどんなコースなのか、白坂がレポートしてくれた。

■「アメリカのレースに出てみたい」を叶えるために

 白坂は服部尚貴率いるTeam NAOKIの一員で、2012年からはスーパーGT GT300クラスにも参戦し、4シーズンを戦っている。2017年からは新たな活動として、竹田と組んでブランパンGTシリーズ・アジアにKCMGから参戦しているほか、スーパー耐久でもAudi Team DreamDriveから参戦。また、ル・マン24時間の併催レースであるロード・トゥ・ル・マン・カップやアジアン・ル・マンでLMP3をドライブするなど、実にさまざまなマシン、コースをドライブした経験の持ち主だ。

 そんな白坂と竹田は、なぜPWCに挑戦することになったのだろうか。PWCは1990年に生まれたアメリカのシリーズで、頂点カテゴリーのGT、さらにGT4によるGTS、カップカー、TCR等さまざまなカテゴリーがそれぞれ別々のレースを行うシリーズ。名称のとおり、ピレリのワンメイクタイヤを履き、全11戦で争われている。ただ、日本ではどちらかというとメジャーなスポーツカーカテゴリーはIMSAスポーツカー・チャンピオンシップの方で、PWCはそこまで知名度は高くない。

「昨年の後半から、竹田選手と『アメリカのレースに挑戦してみたいね』と漠然と話していたんです」と白坂は挑戦した理由を教えてくれた。そこからKCMGの土居隆二代表の協力を得て、さまざまなコネクションを伝って参戦のチャンスを探っていたふたりは、IMSAにも参戦する強豪、ターナー・モータースポーツと連絡をとることができた。

「個人的に竹田さんがBMWがお好きだったこともあり、ターナーに行き着きました。交渉したところすごく乗り気で、ワールドチャレンジも前向きに進めてくれたんです。そこで日程を詰めて、5月にワトキンスグレンでテストをして、このラウンドに出ることになりました」

ユタ・モータースポーツ・キャンパスの外観
竹田直人と白坂卓也のふたりがドライブしたターナー・モータースポーツのBMW M6 GT3


関連のニュース

ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

SUBARU BRZ GT GALS BREEZE/2018SGT
野田桃加(のだももか)

Photo Ranking

フォトランキング