ル・マン/WECニュース

2018.08.30

WEC富士プレビュー:レーシングカー技術の頂点。トヨタTS050はハイブリッド耐久マシンの最高傑作


トヨタTS050ハイブリッドはレーシングカー技術の頂点を極めたといっても過言ではない1台

“スーパーシーズン”第3戦までが終了した2018/19年のWEC世界耐久選手権。10月12~14日に行われる第4戦の舞台となるのは、霊峰富士の麓に位置する富士スピードウェイでの1戦、WEC富士6時間耐久レースだ。今回は最上位のLMP1クラス唯一のワークスマシンであるトヨタTS050ハイブリッドにフォーカスする。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

 トヨタTS050ハイブリッドは、ハイブリッド耐久レーシングカーの最高傑作と呼べるマシンである。過去にはアウディやポルシェもハイブリッドのLMP1を開発し、トヨタに先んじてル・マン優勝を果たした。

 しかし、絶対的なパフォーマンスおよびスピードに関しては、TS050こそが頂点に立つマシンと言って良いだろう。2017年のル・マン24時間予選では、小林可夢偉のドライブにより3分14秒791というコースレコードを記録。

ル・マン24時間では大きなトラブルを起こすことなく戦い抜いた
ル・マン24時間では大きなトラブルを起こすことなく戦い抜いた

 また、トラブルやアクシデントで優勝こそ逃したが2016年、2017年とライバルを上まわる速さでサルト・サーキットを駆け抜けた。そして2018/19年は、ハイブリッド搭載のライバルこそ不在だったが、大きなトラブルなく24時間全力で走り続けた8号車が、悲願のル・マン初優勝をトヨタにもたらした。

 TS050のパワートレーンは、2.4リッターV6直噴ツインターボ・エンジンに、THS-R(トヨタハイブリッドシステム・レーシング)を組み合わせている。

 最大の特徴は、ブレーキングの際にモーターを発電機として回し、その抵抗力で減速。生み出した電力をリチウムイオン電池に蓄え、必要に応じて随時放出する『運動エネルギー回生システム』を採用していることだ。

ハイブリッドシステムを搭載する全輪駆動のTS050ハイブリッド
ハイブリッドシステムを搭載する全輪駆動のTS050ハイブリッド

 基本的な考え方は市販車のプリウスと同じで、トヨタこだわりのシステムである。本来ならブレーキパッドとディスクの摩擦で熱に変換し捨てるべきエネルギーを、電気エネルギーに変える非常に効率的な方式なのだ。

■全輪駆動のTS050ハイブリッド、加速力には現役F1ドライバーのアロンソも驚嘆


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

GOODRIDE LADY/2018D1GP
結城れいさ(ゆうきれいさ)

Photo Ranking

フォトランキング