ル・マン/WEC ニュース

2019.03.19

WECとIMSAでダブル表彰台獲得のハートレー、元耐久王もさすがに「疲労困憊」


ル・マン/WEC | WECとIMSAでダブル表彰台獲得のハートレー、元耐久王もさすがに「疲労困憊」

 元トロロッソ・ホンダF1のブレンドン・ハートレーは3月13~16日、アメリカ・フロリダ州のセブリング・インターナショナル・レースウェイで開催された『スーパーセブリング』でふたつのメジャー耐久イベントを戦い、その両レースで総合3位表彰台を獲得した。

 2度のWECチャンピオンでル・マン24時間王者でもあるハートレーは、2017年から2018年にかけてトロロッソ・ホンダF1に所属。その間グランプリに通算25回出場するも、2019年シーズンはレギュラーシートを勝ち取ることができなかった。

 しかし、ニュージーランドが生んだ才能は今季、フェラーリF1のシミュレータードライバーやポルシェのフォーミュラE開発ドライバーを務め、このセブリングのレースウイークではLMP1クラスを戦うSMPレーシングからジェンソン・バトンの代役として1000マイルレースに起用されると同時に、IMSAの最高峰DPiクラスの“強豪”アクション・エクスプレス・レーシングが運営するマスタング・サンプリング・レーシングの第3ドライバーとして伝統の12時間レースに出場することになった。

 15日に行われたWEC第6戦でミカエル・アレシン、元F1ドライバーのビタリー・ペトロフとともにSMPの11号車BRエンジニアリングBR1・AERをドライブしたハートレーは、このレースでワン・ツー・フィニッシュを飾ったトヨタ勢に次ぐ総合3位表彰台を獲得。翌16日に開催された第67回セブリング12時間では、5号車キャデラックDPi-V.Rを駆ってふたたびポディウムに登る活躍をみせている。

 そんなハートレーは、合計20時間に及んだフロリダでの戦いをダブルポディウムという結果で終えると、「身体中のエネルギーが完全に抜けたみたいだ」と疲労を隠さなかった。

 今回のダブルヘッダーラウンドで両レースに出場したドライバーは、ハートレー以外にもヤン・マグネッセンやハリー・ティンクネルなど複数名が存在していたが、ふたつのレースの最高峰クラスに挑んだのは“キウイボーイ”とランガー・バン・デル・ザンデの2名のみだった。

 ハートレーによれば、特に大きな疲労を感じ始めたのはIMSAのレース終盤、4スティント連続走行を任された頃だったという。

「今夜は疲れ切ったよ。シャンパンも少し味わったし、今晩はよく寝るつもりだ」とIMSAのレース後に語ったハートレー。

「最後にキャデラックDPiに乗り込んだ後で4スティントも走ることになったのだけど、まさかそんなことをするとは思ってもみなかったよ(笑)」

「ふたつのレースを戦うとさすがに疲労困憊と言わざるを得ない。昨夜(WEC決勝後の夜)はたぶん4時間くらいしか寝ていないじゃないかな。レースが終わったのが深夜で、今朝も朝早かったからね」

「レッドブルとカフェインを摂取していたし、レース中はアドレナリンも出るから気分はよかった。だけど、さすがに最後の連続4スティントでは苦しくなってきたよ」

「それでも自分のできる限りのことをやったし、ふたつのレースで表彰台に挙がることができて本当にうれしく思っている」

■ハートレー「2種類のクルマの違いにも苦労した」

ジェンソン・バトンの代役として11号車BRエンジニアリングBR1・AERに乗り込んだブレンドン・ハートレー
ジェンソン・バトンの代役として11号車BRエンジニアリングBR1・AERに乗り込んだブレンドン・ハートレー
2019年セブリング1000マイルで総合3位となった11号車BRエンジニアリングBR1・AER
2019年セブリング1000マイルで総合3位となった11号車BRエンジニアリングBR1・AER
2019セブリング12時間で総合3位となった5号車キャデラックDPi-V.R
2019セブリング12時間で総合3位となった5号車キャデラックDPi-V.R


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ2019
月愛きらら(かぐあきらら)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング