ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2019.05.05 14:48
更新日: 2019.05.05 18:31

WECスパ:トヨタ、8号車の勝利で2014年以来のタイトル獲得。トラブル発生の7号車も完走果たす


ル・マン/WEC | WECスパ:トヨタ、8号車の勝利で2014年以来のタイトル獲得。トラブル発生の7号車も完走果たす

 WEC世界耐久選手権のLMP1クラスに唯一のメーカーワークスチームとして参戦しているTOYOTA GAZOO Racingは5月4日、ベルギーのスパ・フランコルシャンで行われた2018/2019年シーズン第7戦スパ6時間レースの決勝に臨み、セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、フェルナンド・アロンソ組8号車トヨタTS050ハイブリッドが優勝を飾った。また、僚友7号車トヨタTS050ハイブリッドも6位となり、トヨタは最終戦を待たずにLMP1チームチャンピオンを獲得している。

 2018年から2019年にまたがって行われているスーパーシーズンで6戦5勝、5回のワン・ツー・フィニッシュを飾っているトヨタは、ランキング2番手につけるレベリオン・レーシングに対して53ポイントのアドバンテージを持って第7戦を迎えた。このスパラウンドでチームタイトルを決めることを目標としていたトヨタは、“スパウェザー”に見舞われた3日の予選でフロントロウを独占。6回目のワン・ツー・フィニッシュに向けて準備を整えた。

 6時間の決勝レースは日差しが降り注ぐなかでスタートを迎えたものの、すぐに天気が急変し、激しい雨と雪がサーキットを襲った。そのなかでもマイク・コンウェイ駆るポールシッターの7号車トヨタは先頭をキープ。また、2番手スタートとなった8号車トヨタもタイヤ交換でタイムロスがあり順位を落としたものの、すぐに2番手に返り咲くと、19周目にはブエミがコンウェイを交わして総合首位に躍り出る。

■レインからスリックへの転換期、8号車はタイヤ交換が“できなかった”

 しかし、トップに立ちチームメイトに対して約7秒のリードを築いた8号車はコース上のアクシデントによって導入された2度目のセーフティカー(SC)ラン中に給油が必要となってしまう。このため、チームはピットレーン開放前に許される5秒間の給油のみの作業を行い、8号車をコースに復帰させた。

 一方、コンウェイがドライブする7号車は燃料をセーブしていたことから、ピットレーン解放後に予定どおりのピットイン。給油とタイヤ交換を行ってコースへと戻った。
 
 その後、8号車は再度フル給油を行うと同時にタイヤもレインからスリックに交換していくが、このピットインがSCラン開けのタイミングと重なったことで10番手までポジションを落とすこととなってしまった。

 しかし、スリックタイヤに交換したブエミはすぐさま追い上げを開始し、レース開始から約2時間後に導入されたフルコースイエロー(FCY)導入時には7号車に次ぐ2番手まで順位を挽回する。その後、2台のトヨタTS050ハイブリッドは7号車がコンウェイから小林可夢偉、8号車はブエミからアロンソにバトンが渡されていった。

■チャンスの小林可夢偉組7号車を襲ったマシントラブル

吹雪の合間には青空が広がったWEC第7戦スパの決勝日
吹雪の合間には青空が広がったWEC第7戦スパの決勝日
晴天で迎えたスタートから直後に雨と雪が降り、その後再び晴れたものの、レース終盤にまた吹雪。しかし、表彰式には晴れ間が差すなどスパらしい天気に翻弄された決勝日だった
晴天で迎えたスタートから直後に雨と雪が降り、その後再び晴れたものの、レース終盤にまた吹雪。しかし、表彰式には晴れ間が差すなどスパらしい天気に翻弄された決勝日だった


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
福江菜々華(ふくえななか)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング