ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2019.05.21 14:47
更新日: 2019.05.21 17:38

WEC:ハイパーカー規定でLMP2カーはスピードダウン? チーム代表は性能維持を期待


ル・マン/WEC | WEC:ハイパーカー規定でLMP2カーはスピードダウン? チーム代表は性能維持を期待

 WEC世界耐久選手権LMP2クラスに参戦しているTDSレーシングのグザビエ・コンベ代表は、LMP2クラスの“精神にのっとって“、ACOフランス西部自動車クラブが同クラスのパフォーマンスを維持することを期待している。 

 日本でも活躍したアウディのDTMドライバー、ロイック・デュバルを擁すTDSレーシングのコンベ氏は、現行のトップカテゴリーであるLMP1に代わる新車両規定によって、その下位カテゴリーとなるLMP2クラスのマシンが現在よりも遅いものとなった場合、同クラスにエントリーしているチームは失望することになると述べた。

 2020/2021年に向けて提案されている“ハイパーカー規定”は当初、ル・マン1周3分20秒という目標レースラップタイムが定められていたが、後に生産車ベースの車両を許可するにあたって目標ラップタイムが修正。現在は3分30秒とされている。

 一方、2018年のル・マン24時間におけるLMP2カーの最速レースラップは、ナタナエル・ベルトンがドラゴンスピードの31号車オレカ07・ギブソンでマークした3分27秒200だった。

 2017年から4年の期限で導入された現行LMP2規定は、2020/21年シーズンで一度期限切れとなる予定であり、少なくとも1シーズンはハイパーカー規定と並存することになる。

■「LMP2クラスは現在と同じレベルを維持することになると聞いている」とコンベ

 コンベが代表を務めるTDSレーシングは、ACOが統括するLMP2クラスに2011年から参戦している。彼は、レギュレーションを作る者たちは新カテゴリーの規定を定義する際、LMP2クラスを考慮する必要があると語った。

「ACOがLMP2とハイパーカーの間の差について、どう対処するのかは興味深いところだ」とコンベは述べる。

「まだ時期尚早かもしれないが、LMP2クラスは現在と同じレベルを維持することになると聞いている。彼らが(目標ラップタイムについて)言及したことを考えれば、それは不可能だとも想像できるがね」

「現行LMP2スペックの直前には、異なるスペックが存在した。彼らは当時、パフォーマンスを上げたいと言っていた」

「そこで(このクラスに参加する者は)誰もが新しいマシンを購入した。スピードが改善され、当然ラップタイムを向上することになったオレカ07やリジェJS P217などだ」

「我々は多くの投資を行ったのだ。だからこそ、彼らがそのことを留意するよう望んでいる」

■LMP2カーのパフォーマンスが抑えられれば、他クラスにも影響が広がることは必至か

レーシングチーム・ネダーランドの29号車ダラーラP217・ギブソン
レーシングチーム・ネダーランドの29号車ダラーラP217・ギブソン

この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

TOYO TIRES
水口みか(みずぐちみか)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング