ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2019.07.01 18:24
更新日: 2019.07.01 18:31

IMSA第6戦:苦節6年、マツダがついに初優勝。アキュラ・ペンスキー退けザ・グレンで完全勝利


ル・マン/WEC | IMSA第6戦:苦節6年、マツダがついに初優勝。アキュラ・ペンスキー退けザ・グレンで完全勝利

 6月30日、IMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ第6戦がアメリカ、ニューヨーク州のワトキンスグレンで行われ、マツダチーム・ヨーストの55号車マツダRT24-P(ハリー・ティンクネル/ジョナサン・ボマリート/オリビエ・プラ組)がチーム初の総合優勝を達成。総合2位に77号車マツダRT24-P(オリバー・ジャービス/トリスタン・ヌネス/ティモ・ベルンハルト組)が入り、マツダはIMSAシリーズ初優勝をワン・ツー・フィニッシュで飾っている。

 シーズン中盤戦の第6戦グレンはデイトナ24時間、セブリング12時間、プチル・マンと並んで“ミシュラン・エンデュランスカップ”に組み込まれるロングディスタンレースだ。かつてF1が開催されたワトキンスグレンを舞台に、6時間に渡って争われるレースはオープニグラップからマルチクラッシュが発生する波乱の幕開けとなった

■ル・マン24時間の悪夢再来

 前日の予選でレコードタイムを塗り替え、ポールシッターとなったジャービス駆る77号車マツダを先頭にスタートを切った隊列は一見、きれいな滑り出しを見せたかに思えた。

 しかし、後方のGTル・マン(GTLM)クラスでコルベット・レーシングの4号車シボレー・コルベットC7.RとポルシェGTチームの912号車ポルシェ911 RSRがわずかに接触。体勢を崩したコルベットがガードレールに激突しコースを横断する形でクラッシュを喫してしまう。

 これにGTデイトナ(GTD)クラスの集団が差し掛かかったことで混乱が生じ、そのなかでメルセデスAMG・チーム・ライリー・モータースポーツの33号車メルセデスAMG GT3が4号車コルベットと激突することに。

 このアクシデントによって2台は0周リタイアを余儀なくされる。コルベットにとっては2週間前のル・マン24時間からモノコックを交換した直後のレースでのクラッシュ。また、33号車メルセデスをドライブしていたベン・キーティングにとっても、ル・マンでのLM-GTE Amクラス優勝から失格となった悪夢が冷めやまぬなかで、再び“まさかの結果”となってしまった。

■好調マツダDPiがスピードで他を圧倒

 スタート直後の事故発生から13分後、レースはフルコースイエロー(FCY)を挟んで再開となるが、今度はフェリペ・ナッセ駆るウェレン・エンジニアリング・レーシングの31号車キャデラックDPi-V.Rが左リヤタイヤのパンクチャーの影響でグラベルにスタックしてしまい再びFCYが導入される。

 レース開始から27分後、2度目のリスタートが切られると77号車マツダが一気に後続を引き離しにかかる。また、3番手からスタートした55号車マツダのティンクネルも10分足らずで先行するアキュラ・チーム・ペンスキーの7号車アキュラARX-05を交わして2番手に順位を上げ、レース序盤にマツダチーム・ヨースト勢がワン・ツー体制を築く。

 その後、2台のマツダDPiはライバルであるアキュラDPi、キャデラックDPi、ニッサンDPiを寄せ付けない圧倒的な速さで周回を重ね、77号車と55号車でピットタイミングごとに順位を入れ替えながら、約4時間に渡ってレースを支配してみせる。

■モントーヤ駆る6号車アキュラDPiが終盤にトップに浮上も……

2019年IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第6戦ワトキンスグレン 決勝スタートシーン
2019年IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第6戦ワトキンスグレン 決勝スタートシーン
6号車アキュラARX-05
6号車アキュラARX-05


本日のレースクイーン

RAYBRIGレースクイーン
沢すみれ(さわすみれ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング