ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2019.10.16 19:46

WEC富士でトヨタMIRAIを使った可夢偉監修のキャンプ企画開催「次回は特製カレーをふるまう」


ル・マン/WEC | WEC富士でトヨタMIRAIを使った可夢偉監修のキャンプ企画開催「次回は特製カレーをふるまう」

 10月4〜6日、富士スピードウェイで開催された2019/20年WEC世界耐久選手権第2戦富士に合わせ、小林可夢偉監修による燃料電池車トヨタMIRAIを使った試乗&キャンプイベントが開催され、300件以上の応募から抽選で選ばれた3組が“電気のあるキャンプ”を満喫した。

 MIRAIは2014年12月に発売されたセダンタイプの燃料電池車。水素を空気中の酸素と化学反応させて電気を作り、自らが発電して走行できるクルマ。今回のイベントは、このMIRAIの給電機能を使って、電気のあるラグジュアリーなキャンプを楽しみながら、富士スピードウェイでWECを観戦することを目的にしたものだ。

 イベントをプロデュースしたのは、大のキャンプ好きを公言する小林可夢偉。「海外のキャンプ場では発電機を持ち込んで、テレビやWi-Fiも使える、電気のあるキャンプスタイルが主流です。でも、日本のキャンプ場の多くは発電機の持ち込みが禁止されていて、携帯電話の充電もできないことに、不便さを感じていました」と言う。

今回はキャンプエリアに5台のMIRAIが持ち込まれた。
今回はキャンプエリアに5台のMIRAIが持ち込まれた。

「その時、『あっ、MIRAIがある!』と思いついたんです(笑)。最近はキャンプブームでどこのキャンプ場も予約困難。それならサーキットがある。サーキットでMIRAIを使ってキャンプをして、レースも観戦するという、サーキット滞在型のモータースポーツの楽しみ方の提案につながりました」

 このイベントの参加募集はTwitterやFacebookなどのSNSを介して行われ、応募総数300件以上の中から事前の抽選で選ばれた3組が参加した。

 スケジュールは10月5日(土)11時に東京・芝浦のトヨタMIRAIショールームを出発し、富士スピードウェイまでをMIRAIでドライブ。到着後、キャンプエリア内でバーベキューや、テントのルーフをスクリーンにしてWECのプロモーション絵映像などを鑑賞したり、可夢偉も参加するトークショーなどのコンテンツを楽しんで、テントに宿泊する。

 翌日はWECの決勝を観戦し、MIRAIで東京に戻るという1泊2日の行程だ。

■MIRAIがあればアウトドアでも家電が使えて、便利で快適


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
福江菜々華(ふくえななか)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング