ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2020.07.22 16:13
更新日: 2020.07.22 23:55

WEC:シーズン再開のスパでバイコレス復帰も、ジネッタとレベリオンの2台目が欠場へ


ル・マン/WEC | WEC:シーズン再開のスパでバイコレス復帰も、ジネッタとレベリオンの2台目が欠場へ

 WEC世界耐久選手権は7月20日、来月15日にベルギーのスパ・フランコルシャンで開催される2019/2020年シーズン第6戦スパ・フランコルシャン6時間レースの暫定エントリーリストを発表した。

 新型コロナウイルスの世界的流行の影響を受け第5戦オースティン以降、2019/20年シーズンが中断されているWECは、8月13~15日に行われるWECスパで約6カ月ぶりにチャンピオンシップを再開させる予定だ。

 例年、ル・マン24時間レースの直前のレースとなるスパ・ラウンドはシーズンハイライトに向けた調整の場となるが、カレンダーが大幅に変更された今季も例外ではなく、LMP2クラスにはアジアン・ル・マン・シリーズなどで活躍するユーラシア・モータースポーツと、ELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズを主戦場とするアルガルベ・プロ・レーシングのスポット参戦が決定。この結果、同クラスでは今季初となる二桁の出走台数が予定されている。

 ユーラシア・モータースポーツはこのクラスで唯一となるリジェのLMP2マシン『リジェJS P217』を持ち込み、これを山中信哉とダニエル・ガント、未発表のもうひとりのドライバーに託す。当初この3人目にはニック・キャシディが起用されることがアナウンスされていたが、今回公開された暫定エントリーリストではその名を確認することはできない。

 一方、ポルトガルのアルガルベ・プロ・レーシングは、ジャッキー・チェン・DCレーシングとイオタ、ハイクラス・レーシングに続く4台目のグッドイヤータイヤユーザーとして登場予定。こちらはジョン・ファーブのみが登録され、残り2名のドライバーはTBAとなっている。マシンは最大派閥を形成する『オレカ07』だ。

■LMP1クラスは4台での争いに

 出場台数が増加したLMP2とは対象的に、最高峰のLMP1クラスは計4台と寂しいラインアップにとなった。その原因はジネッタG60-LT-P1・AER5号車と6号車を走らせてきたチームLNTのエントリー取り消しと、ル・マンに向けた参戦を予定していたレベリオン・レーシング3号車の欠場だ。

 ジネッタ勢がレース出場を見合わせるのは、輸送問題を抱えた前戦オースティンに続き2戦連続となるが、今戦の欠場理由は不明。なお、ブリティッシュチームはセブリングでWECに復帰する予定だったが、同イベントは新型コロナの影響を受けて中止となっている。

 1号車レベリオンR13・ギブソンのみの参戦に切り替えることになったレベリオン・レーシングは当初、このレースに3号車を登場させ、ルイス・デルトラス/ナタナエル・ベルトン/ロマン・デュマのトリオをデビューさせる予定だった。

 一方、リザーブリストからル・マン24時間の出場権を獲得したバイコレス・レーシングチームが、ル・マンの“前哨戦”となるこのスパラウンドで世界選手権に復帰する。お馴染みの4号車ENSO CLM P1/01・ギブソンにはトム・ディルマンと先日加入が発表されたブルーノ・シュペングラー、さらにもう1名が乗り込む予定だ。

 フェラーリ、ポルシェ、アストンマーティンの各ワークスが凌ぎを削るLM-GTEプロクラスは、これまでと同じ各社2台ずつ合計6台での戦いに。LM-GTEアマクラスは11台による戦いが展開される。

LM-GTEアマクラスのアストンマーティン・レーシングは、ダレン・ターナーに代えてアウグスト・ファーフスを起用する。
LM-GTEアマクラスのアストンマーティン・レーシングは、ダレン・ターナーに代えてアウグスト・ファーフスを起用する。

■フォーミュラE参戦ドライバーはデ・フリースのみ欠場


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

アップルプリティーズ
村上楓(むらかみかえで)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング